マツダCX-5、2017年度前期JNCAP予防安全性能評価で最高ランクを獲得

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道 以下、マツダ)は、同社の安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載した「マツダ CX-5」が、2017年度前期自動車アセスメント予防安全性能評価で最高ランク「ASV++(エーエスブイ ダブルプラス)」を獲得したと発表した。

この自動車アセスメント予防安全性能評価は、車両および歩行者との衝突回避または衝突被害軽減を支援する被害軽減ブレーキ、車線のはみ出しを検知・警告する車線はみ出し警報。

バック時の視界情報を支援する後方視界情報提供装置、さらに今年度からは新基準の評価項目として車線の逸脱を防止する車線逸脱防止抑制装置の安全性能試験を実施し、車両の予防安全性能を「ASV++」、「ASV+」の2段階で総合評価するもの。

マツダでは「CX-5」の最高ランク「ASV++」の獲得により、既に公表済みである衝突時の乗員保護性能や歩行者保護性能などについて評価を行う2017年度前期自動車アセスメント衝突安全性能評価での最高評価「ファイブスター賞」獲得とともに「CX-5」は最高レベルの安全性能であることが実証されたとしている。

なおJNCAP(Japan New Car Assessment Program)は、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)が、安全な自動車の普及を促進する目的で、平成7年度より公表している自動車の安全性能評価。現在市販されている自動車の安全性能について 衝突安全性能および予防安全性能の評価結果を公表している。