マツダ、「国際福祉機器展 H.C.R.2015」に福祉車両を出品


マツダ株式会社(以下、マツダ)は、10月7日から9日に東京ビッグサイトにおいて開催される「第42回 国際福祉機器展 H.C.R.2015」(主催:全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会)に、福祉車両を出品する。

新型「マツダ ロードスター」 手動運転装置付車(参考出品)
今回出品する車両は、新型「マツダ ロードスター」をベースに手動運転装置を装備した車両など4台の福祉車両を出展する。

「国際福祉機器展」は、ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した福祉車両まで、世界の福祉機器を一堂に集めた国際展示会であり、マツダは1995年からこのイベントに参加している。

mazda-exhibited-welfare-vehicle-to-the-hcr-hcr201520151007-1
新型「マツダ ロードスター」 手動運転装置付車(参考出品)、コントロールグリップ、ステアリングノブと乗降用補助シートを装備した車両。

マツダは、福祉車両の開発を通じ、より多くのユーザーに運転する楽しさを提供することで、人生においてかけがえのない存在となり、すべてのドライバーとの特別な絆を持ったブランドになることを目指しているという。

■マツダの出品車両の概要は以下の通り。
(1)新型「マツダ ロードスター」 手動運転装置付車(参考出品)
コントロールグリップ、ステアリングノブと乗降用補助シートを装備した車両。

(2)「マツダ デミオ」 手動運転装置付車 助手席回転シート同時装着(参考出品)
コントロールグリップ、ステアリングノブと乗降用補助シートを装備した車両。また、助手席回転シートを同時装着し、リア車いす収納装置も装備している。

(3)「マツダ ボンゴ」 多目的サポートカー(参考出品)
車内が多目的に使える仕様となっており、キャンピングカーシェルを使用した新しい発想で、車いすを使用されている方をサポートする車両。

(4)「マツダ フレアワゴン」 車いす移動車
一枚スロープや電動ウインチを標準装備し、車いすのまま安全でスムーズな乗降が可能。

■「第42回 国際福祉機器展 H.C.R.2015」に関する詳細情報