マツダ、パシフィコ横浜の「からくり改善®くふう展2016」に出品


implementation-of-mazda-all-star-game-2015-dream-kids-challenge20150517-2-min

知恵と工夫を凝らした15作品を関連企業とともに出品

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道、以下、マツダ)及びマツダ関連企業4社は、2016年9月29日(木)・30日(金)にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「からくり改善®くふう展2016」に知恵と工夫を凝らした15作品を出品する。
「からくり改善®くふう展」は、製造現場での「お金をかけない、創造性に優れた、楽しい作業改善」を広く発表する場として、1994年より公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会の主催で開催されている。

マツダは同イベントに2000年より参加。マツダ関連企業については、NSウエスト株式会社、株式会社日本クライメイトシステムズ、ダイキョーニシカワ株式会社に加えて、今回初めて株式会社ヒロテックが出品する。

マツダでは、作業にかかる負担・時間・コストなどを減らすことによる効率化と、作業者のアイデアを採用することによるモチベーションの向上が、高品質なクルマづくりにつながると考え、改善活動を積極的に推進してきた。

mazda-in-april-2015-four-wheel-vehicle-production-sales-and-export-performance20150529-1-min

この取り組みは、本社工場および防府工場で、育成プロジェクト「からくり改善道場」を部門横断的に展開していると共に、2006年からマツダ関連企業の改善活動の一環として「J-ABC*からくり改善道場」を開催し、グループ全体の取り組みに発展させている。

マツダは今後も、高効率な生産で高品質なクルマづくりを実現し、世界中のお客さまに「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」を持つ商品を届けていくことで、利用者の人生をより豊かにし、顧客との間に特別な絆を持ったブランドになることを目指して行くと述べている。

* J-ABC Jiba(地場) Achieve Best Costの略。マツダグループのモノ造り力を高めるために地場サプライヤーの製造現場を協働で継続的に改善する運動。

mazda-pacifico-exhibition-in-the-gimmick-improvement-devised-exhibition-2016-in-yokohama20160923-1

「からくり改善®くふう展2016」開催概要
– 開催日時: 2016年9月29日(木)~30日(金) 10:00~16:30(最終日は16:00まで)
– 会場: パシフィコ横浜 展示ホールC・D(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)
– 出品企業: 自動車、電機など製造業ほか84社(199事業場)、出品数は440点
– 主催: 公益社団法人 日本プラントメンテナンス協会
– 参加費(税込): 一般価格:20,000円/日本プラントメンテナンス協会会員・日本能率協会法人会員・協賛団体会員:14,000円/学生:1,000円

詳細:「からくり改善®くふう展」公式Webサイト

マツダ公式ブログで紹介している「からくり改善」
2016年5月27日公開:「からくり改善」が国境を越える!からくり伝道師の挑戦とは?

2013年8月29日公開:生産現場の改善魂が生み出した「からくり」とは?!

mazda-pacifico-exhibition-in-the-gimmick-improvement-devised-exhibition-2016-in-yokohama20160923-2