マツダ、ジュネーブで商品改良した「Mazda6」ワゴンを世界初公開

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道)は、商品改良した「Mazda6(日本名:マツダ アテンザ)」のワゴンモデルを、3月6日から18日まで開催されるジュネーブモーターショーで世界初公開した。

「Mazda6」は、マツダの乗用車ラインアップを牽引するフラッグシップモデルとして登場した。

同社によると、2012年の全面改良以来3度目となる今回の商品改良では、「人間中心」の思想に立って、技術、デザインなどのあらゆる領域を深化させたと云う。

今回世界初公開となるワゴンモデルは、ワゴンとしての機能性を確保しながら、昨年11月末のロサンゼルスモーターショーで世界初公開したセダンモデル同様、エクステリア・インテリアともに上質さをより一層磨き上げ、大人の落ち着きを感じさせるデザインへと深化させたと謳っている。

また併せて、「第45回東京モーターショー」で世界初公開した次世代商品群の先駆けとなるコンパクトハッチバックコンセプト「マツダ 魁 CONCEPT(マツダ・カイ・コンセプト)、そしてフランスで「最も美しいコンセプトカー」に選出された次世代デザインビジョンモデル「マツダ VISION COUPE(マツダ・ビジョン・クーペ)」を欧州モーターショーで初公開した。