マツダ、低環境負荷を実現した水性塗装技術「アクアテック塗装」を世界展開へ


implementation-of-mazda-all-star-game-2015-dream-kids-challenge20150517-2-min

世界最高水準の塗装技術を、中国の車両生産拠点「長安マツダ汽車有限公司」へ初の海外導入

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道、以下、マツダ)は、独自の水性塗装技術「アクアテック塗装」を、中国江蘇省南京市にある車両生産拠点「長安マツダ汽車有限公司」(以下、CMA)に導入した。

mazda-the-aqueous-coating-technology-that-achieves-a-low-environmental-impact-aqua-tech-coating-to-global-expansion20160415-6

mazda-the-aqueous-coating-technology-that-achieves-a-low-environmental-impact-aqua-tech-coating-to-global-expansion20160415-3
アクアテック塗装技術は、写真並びに下記動画の「中塗り」「着色ベース」「クリア」の3層をそれぞれ乾燥させないままウェットな状態で塗り重ね一回りの焼付乾燥で仕上げるスリー・ウェット・オン塗装をさらに進化させたものだ。

この塗装技術を導入した工場は、2012年に導入が完了した日本の宇品第1工場に続いて2拠点目で、海外では初導入となった。

自動車の塗装工程では、従来、シンナーなどの揮発性有機化合物(以下、VOC)を多く含む油性塗料を使用していることから、塗装工場から排出されるVOCの削減が自動車産業全体の大きな課題となってきた。

一般的なVOC対策としては、水性塗料への材料置換などが一般的となるが、水性塗装は水分を蒸発させるために多くのエネルギーが必要であることから、今度はCO2排出量が増加してしまう。

今回マツダが海外への初導入を図る「アクアテック塗装」は、塗装工程の革新によって、塗料の使用量だけでなく、同工程で必要なエネルギー量も飛躍的に削減させるもの。

47th-aqua-tech-paint-mazda-Ichimura-industry-award-contribution-award20150421-2-min

これによって、これまではトレードオフの関係にあったVOC排出量とCO2排出量に関して、一挙に同時削減を実現した独自の水性塗装システムとなる。

マツダでは、2012年に宇品第1工場への「アクアテック塗装」の導入を完了した後も、その機能と使い易さのさらなる進化を図ってきた。

47th-aqua-tech-paint-mazda-Ichimura-industry-award-contribution-award20150421-1-min

そして今回、CMAへの「アクアテック塗装」導入にあたっては、CMAと協働活動を行い、国内で培った技術を水平展開することで、現地での設備工事と塗料開発を必要最小限に留めるなど、効率的な技術導入に成功した。

マツダでは、今後も生産効率を停滞させることなく、これまでの油性塗装との並行生産を継続しながら、短期間で「アクアテック塗装」への移行を完了し、「ソウルレッドプレミアムメタリック」などの高意匠カラーを含めた全カラーで、国内工場と同等の塗装品質を維持しつつ世界展開を目指す構え。

mazda-the-aqueous-coating-technology-that-achieves-a-low-environmental-impact-aqua-tech-coating-to-global-expansion20160415-4
アクアテック塗装作業中の様子

マツダの菖蒲田 清孝(しょうぶだ きよたか)専務執行役員は、「高品質なクルマづくりと環境負荷軽減の両立は、自動車メーカーとしての責務です。

世界中で高い評価をいただいている『魂動デザイン』を支えるマツダの塗装技術は、その象徴でもあります。

これからも、日本をマザー工場としてものづくりの技術を培い、海外に水平展開することで、世界中のお客さまに高品質なクルマをお届けするとともに、地球環境の保護と豊かな社会づくりに貢献してまいります」と述べている。

mazda-the-aqueous-coating-technology-that-achieves-a-low-environmental-impact-aqua-tech-coating-to-global-expansion20160415-1

<参考>
■公益財団法人 新技術開発財団(同技術は第47回 市村産業賞 貢献賞を獲得している)

■マツダの塗装技術のサイト

■マツダの市村産業賞受賞歴
2012年 「第45回 市村産業賞 功績賞」
テーマ: 新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」
受賞者: 寺沢 保幸、高松 宏志、中井 英二 (マツダ株式会社)

2010年 「第42回 市村産業賞 貢献賞」
テーマ: マツダ アイドリングストップ技術
受賞者: 猿渡 健一郎、田賀 淳一、水落 洋行 (マツダ株式会社)

1994年 「第26回 市村産業賞 貢献賞」
テーマ: 自動車用ミラーサイクルエンジン
受賞者: 畑村 耕一、後藤 剛(以上、マツダ株式会社)、高部 茂(石川島播磨重工業株式会社)

Weightymattersの関連記事(2015年4月21日掲載)
マツダのアクアテック塗装技術が「第47回 市村産業賞 貢献賞」を受賞