マツダ、低環境負荷のバイオ素材を「CX-5」のフロントグリルに採用へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

12月7日(木)から東京ビッグサイト開催の「エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展」に出展

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道 以下、マツダ)は、自動車の大型外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリングプラスチック(以下、バイオエンプラ)を開発し、「マツダ CX-5」のフロントグリルに採用した。

これにより、今後、環境に優しいバイオエンプラをより広い範囲の自動車の内外装部品に使用することを可能とした。

植物由来の原料を使用するバイオエンプラは、石油資源の使用量やCO2排出量の削減に貢献する材料。

加えて、深みのある色合いや鏡面のような平滑感を無塗装の材料着色で実現し、有害なVOC(揮発性有機化合物/VOC:Volatile Organic Compounds)を削減しつつ、高い質感や意匠性が要求される自動車外装部品としても使用できる。

今回、フロントグリルのような複雑な形状の大型外装部品にも対応できるよう、材料の開発と金型仕様の最適化を行い、成形性を大幅に向上させた。

なお、このバイオエンプラを採用したフロントグリルをはじめ、ボディーカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」などに代表される塗装技術など、マツダの環境に関する取り組みについては、来る12月7日(木)から東京ビッグサイトで開催される、アジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展」で展示する。

「エコプロ2017~環境とエネルギーの未来展」(第19回)
(期間:12月7日(木)~9日(土)、主催:一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社)