マツダ、ビジョン・クーペがフランスで「最も美しいコンセプトカー」に選ばれる

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道 以下、マツダ)は、フランスのパリで開催中の「第33回Festival Automobile International(国際自動車フェスティバル)」で1月30日(現地)に「マツダ VISION COUPE(マツダ・ビジョン・クーペ)」が「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」に選出された。

同賞は、著名な建築家やファッションデザイナーなどの選考委員によって、その美しさ、デザインにおける創造性や新しいトレンドを最も体現しているコンセプトカーに贈られるもの。

2016年に「Mazda RX-VISION」が同賞に選出されており、マツダの次世代デザインを牽引する2つのコンセプトカーでの受賞となった。

マツダのデザイン・ブランドスタイルを担当する前田 育男(まえだ いくお)常務執行役員は、受賞に際して「VISION COUPEでは光のリフレクションで生命感を表現するという、魂動デザインの新しい方向性に挑戦しました。

日本の繊細な美意識を反映したこのクルマが、RX-VISIONに続き芸術の都パリで認められ大変光栄に思います。

今後も日本の自動車メーカーとしてのアイデンティティーを持ち、世界を魅了する美しいクルマを作っていきたいです」と話している。

VISION COUPEは、マツダの次世代デザインビジョンモデルとして2017年に世界初公開された。デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を日本の美意識にもとづき深化させ、伸びやかでシンプルなワンモーションフォルムとした。

また、マツダのデザインヘリテージである「ルーチェロータリークーペ」などの美しさを礎として、エレガントで上質なスタイルを追求しているのだと云う。

なおフランスでのVISION COUPEは、オテル・デ・ザンヴァリッドで開催中のコンセプトカー展示会において1月31日から2月4日(現地時間)まで展示される。