MBJ、PHVのS560eロングを発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

13.5kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。エンジンとモーターの出力を向上

メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社:東京都品川区、社長:上野金太郎)は12月13日、メルセデス・ ベンツの最高級セダン「Sクラス」のEQ POWER(プラグインハイブリッド)モデル「S560eロング」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて発売した。

メルセデス・ベンツSクラスは、同ブランドの旗艦車にあたるモデルで、2013年に世界30万台の累計販売台数を記録。2017年に通信機能としてのメルセデスミーコネクト(Mercedes me connect)を実装した。今回追加した「S560eロング」はリチウム イオンバッテリーの蓄電容量を向上させ、EVレンジで40.1kmの走行を実現。

搭載エンジンはM276型のV型6気筒エンジンで最高出力367馬力(270kW)最大トルク500N・m。組み合わせたモーターは最高出力122馬力(90kW)最大トルク440N・mとなり総合出力は476馬力(350kW)、最大トルクか700N・mとなっている。

また時速130kmまではモーターのみでの走行が可能。モーター電源のリチウムイオン電池は、今後複数モデルへの搭載を想定したダイムラー社傘下のDeutsche -ACCUMOTIVE製。従来型の8.7kWh比で約55%の容量増となっている。

充電機能では、車体側の充電器に加え設置工事費10万円分を含めた無料キャンペーンで提供される自宅用充電ユニット(6.0kW)の両方の性能を向上させている。消費税込み小売価格は¥16,970,000(¥15,712,963)となっている。