お台場のメガウェブ、豊田佐吉生誕150周年特別展・開催中

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

研究と創造の生涯。佐吉の志と、それを支えた人々

トヨタ車のテーマパーク「MEGA WEB(メガウェブ)」を運営する株式会社アムラックストヨタ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大野睦彦、以下、メガウェブ)では、トヨタグループの創始者・豊田佐吉を紹介する『豊田佐吉生誕150周年特別展示「研究と創造の生涯 ~佐吉の志と、それを支えた人々~」 』 を8月20日まで開催している。

これは今年の2~6月までトヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市)で開催していた展示で、首都圏に於いても開催を企画した。

その内容は、トヨタグループの創始者である豊田佐吉の生誕150周年を記念し、糸を織物へと織り上げる「織機」の発明により機械産業の発展・近代化に貢献したその人生。

そして佐吉を支えた周囲の人々とのつながりを紹介していく。会場では1891 年に初めて発明特許を取得した「木製人力織機」、1924年に完成し繊維産業の発展に大きく貢献した「G 型自動織機」を展示するほか、豊田佐吉生誕 100 周年にちなんで命名された「1967年式 トヨタ センチュリー」も実車展示していく。

詳細は以下の通り。
豊田佐吉生誕 150 周年特別展示「研究と創造の生涯 ~佐吉の志と、それを支えた人々~」
期 間:6 月 23 日(金)~8 月 20 日(日) 11:00~21:00
場 所:MEGA WEB ヒストリーガレージ 2 階
協 力:トヨタ産業技術記念館、トヨタ博物館
入 場:無料

展示物例
無停止杼換式豊田自動織機(G 型自動織機)
豊田佐吉が1924 年に発明完成させたG型自動織機は、総合的性能と経済性で世界一と評価され、各国の繊維産業の発展に大きく寄与。1929 年には世界のトップメーカーであるイギリス・プラット社に技術供与(特許権の譲渡)し、日本の技術者に自信を与えた。

トヨタ センチュリーVG20 型(1967 年式)
世界の豪華車に匹敵するプレステージサルーンを目標に新たに設計・開発し、1967年に登場した最上級セダン。

車名のセンチュリー(=1 世紀)は豊田佐吉生誕 100年、明治 100 年にちなんで命名され、今年誕生 50 周年を迎える。

※イベント内容は変更及び中止になる場合がある

MEGA WEBホームページ:http://www.megaweb.gr.jp/