メルセデス・ベンツ日本、クーペスタイルで後席とラゲッジスペースを確保した「GLCクーペ」を発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

国内ブランド最多のブランド7番目のSUVモデル。Cクラスと同水準の安全技術を搭載

メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社:東京都品川区、社長:上野 金太郎)は、メルセデス・ベンツ「GLCクーペ」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて2月22日より注文受付を開始した。

なお、発売は同日より順次開始(メルセデスAMG GLC 43 4MATIC クーペは本年3月下旬発売予定)している。

「GLCクーペ」は、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を備えながら、GLCと同等の走行性能、利便性を実現したメルセデスのプレミアムミドルサイズSUVクーペである。

クーペスタイルでありながら、後席は大人が十分快適に過ごせる空間を確保し、最大1,400リッター *の広いラゲッジスペースを備えている。※ラゲッジ容量はVDA方式

「GLCクーペ」のラインアップは、求め易い価格の2輪駆動ガソリンエンジンモデル「GLC 200 クーペ」「GLC 200 クーペ スポーツ」。

クリーンディーゼルモデルの「GLC 220 d 4MATIC クーペ スポーツ」「GLC 220 d 4MATIC クーペ スポーツ(本革仕様)」。

走行状況に合わせて好みの乗り心地に変えられるAIR BODY CONTROLサスペンションを採用した4気筒ガソリンエンジンモデル「GLC 250 4MATIC スポーツ(本革仕様)」、プラグインハイブリッドモデル「GLC 350 e 4MATIC クーペ スポーツ」。

メルセデスAMGが専用開発した高出力V6エンジンを搭載する「メルセデスAMG GLC 43 4MATIC クーペ」で構成されている。

GLC クーペのデザイン
GLCクーペのサイドビューは、プロポーションを際立たせるドロッピングラインが特徴だ。このカウンターラインはボディを実際より長く見せる効果を持つ。

また、高い位置を走るベルトラインが3本目のサイドラインとなり、サイドウインドウの高さを視覚的に低く見せる。リアウインドウの非連続のトリムストリップは高級感を醸し出し、Cピラーを強調するデザインとなった。

メルセデスクーペのトレードマークである垂直に切り立ったダイヤモンドフロントグリルは、シングルルーバーにスリーポインテッドスターを一体化することで、メルセデス・ベンツのスポーツモデルとの近縁関係を強調した。

フロントグリル下のバンパーに採用されたAウイングとその左右の大型エアインテークもまた、スポーツモデルの性格を示している。これに加え、アンダーガードを備える短いフロントオーバーハングはSUV特有のスタイリング要素となった。

リアエンドは、クーペならではのデザインとなっており、Cピラーの力強いショルダーは、際立った彫刻的形状により、シャープで力強い印象を与える。

エグゾーストエンドを一体化したパワフルなバンパーデザインや、ディフューザー形状のアンダーガードもまた、GLCクーペのスポーティな外観をいっそう際立たせるものとなった。

インテリアデザインには、CクラスやGLC同様機能的で上質なデザインを取り入れた。特徴的な要素としては、流麗な線を描くダッシュボードとセンターコンソールが挙げられる。

大きな1枚のコンソールをパネルが設けられ、中央のエアアウトレットからアームレストまで優美なカーブを描く。これにより、室内を広く感じさせる効果ももたらしている。

8.4インチディスプレイを備えた「COMANDシステム」も、定評のCOMANDコントローラーに加えタッチパッドも採用することにより、さまざまな入力方法が可能となるなど、最新世代へと進化した。

GLC クーペのパワートレイン
GLCクーペには、4種類のエンジンを揃えた。GLC 200 クーペには最高出力184PS/135kW、最大トルク300N・mを発揮する2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボガソリンエンジン。

GLC 220 d 4MATICには最高出力170PS/125kW、最大トルク400N・mを発揮する2.2リッター直列4気筒BlueTECエンジン。

GLC 250 4MATICクーペには、最高出力211PS/155kW、最大トルク350N・mを発揮する2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボガソリンエンジン。

GLC 350 e 4MATICクーペには、GLC 250 4MATICクーペのエンジンに最高出力116PS/85kW、最大トルク340N・mを発生しブースト機能も併せ持つ高出力の電気モーターを組み合わせた。

メルセデスAMG GLC 43 4MATICクーペには最高出力367PS/270kW、最大トルク520N・mを発揮するMercedes-AMGが専用に開発した高出力の3.0リッターV6ツインターボエンジンを採用している。

トランスミッションには、GLC 350 e 4MATICクーペを除くモデルにメルセデス最新の9速オートマティックトランスミッション「9G(ナイン ジー)-TRONIC(トロニック)」を組み合わせた。

セグメントで最も変速段数が多いこのトランスミッションは、1つのギアが受け持つ速度域が狭くなるため変速ショックとエンジン回転数の上昇が抑えられ、静粛性と燃費の両方を高いレベルで実現する。

GLC クーペのシャーシ
フロントのサスペンション型式は、4リンク式を採用した。4リンク式のメリットは、リンク機構とストラット式スプリングを独立させることで理想的なサスペンションの動きを実現できることにある。

キャンバー角の自由なセッティングが可能になることでコーナリング時のグリップが大幅に向上した。一方リアは、伝統のマルチリンクサスペンションを進化させ、高い直進安定性を実現した。

また、GLC 220 d 4MATIC クーペ スポーツには、走行状況に応じてダンパー内のオイル流量を変化させ、減衰力を調整するセレクティブダンピングシステムを備えた「AGILITY(アジリティ) CONTROL(コントロール)サスペンション」を採用した。

これは通常走行時には快適な乗り心地を提供し、ハードな走行時には最大限の減衰力を発揮する。

さらに、センターコンソールの専用コントローラーを操作するだけで5つのモードからドライバーが望むキャラクターに瞬時にセッティング可能な「ダイナミックセレクト」も標準装備した。

これは、選んだモードに応じて、エンジン、トランスミッション、ステアリングの制御などが変化し、快適性や燃費を優先する走りから素早いレスポンスでスポーティなドライビングまで楽しむことができるものとなっている。

併せてGLC 250 4MATICクーペ スポーツ、GLC 250 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)とGLC 350 e 4MATICクーペ スポーツには、AIR BODY CONTROLサスペンションを設定した。

このAIR BODY CONTROLは、車速や走行条件に応じて、ダンピング特性や車高を自動的に調整する電子制御式エアサスペンションです。路面状況、運転状況、乗車人数や積載状況に応じて、減衰力を常に最適に保つもの。

高速走行時には車高が自動的に下がり、ハンドリング性能、空力特性および燃費を向上させる。また、荒れた路面などでは最低地上高を15mm高めることができます。乗車人数などによる車体姿勢の変化を補正するセルフレべリング機能により、常に変わらないハンドリング特性を実現した。

GLC クーペのセーフティ
安全面では、Cクラスにも導入されている最新鋭の技術が搭載されている。
具体的には、全モデルに標準装備の「レーダーセーフティパッケージ」をはじめとする安全運転支援システムは、ドライバーの疲れを最小限に抑える快適性が安全なドライブに貢献するという思想に基づき、安全性と快適性を高次元で融合させたもの。

メルセデス・ベンツではこれを「インテリジェントドライブ」と総称している。これはメルセデス・ベンツの乗員のみならず、他の道路利用者をも含む包括的な保護を実現することが、その目標としている。

この「インテリジェントドライブ」の土台となっているのが、クルマの周囲ほぼ360°をカバーする複合的なセンサーシステムである。

フロントウインドウ内側のステレオマルチパーパスカメラは、最大500mの広範囲をモニターするほか、2つのカメラで車両前方約50mの範囲を立体的に捉える。

レーダーセンサーは、フロントおよびリアバンパーに内蔵された25GHzの短距離レーダー計4個、ラジエーターグリル奥の77GHzの中・長距離レーダー1個、リアバンパー中央の25GHzマルチモードレーダー1個の合計6個が搭載されている。

これらのカメラとレーダーから得られたデータをコントロールユニットで融合させ、安全運転支援システムに対応するデータを作成する。

このデータを高度なアルゴリズムで解析することにより、先行車両、横断車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し、その位置を特定。これにより状況を判断して、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストする。

また、夜間の安全なドライブをサポートするアダプティブハイビームアシスト・プラスを備えた「LEDインテリジェントライトシステム」も全モデルに標準搭載した。

GLC クーペのユーティリティ
安全性に加え、利便性を向上する装備として、車両周囲の状況をモニターする「360°カメラシステム」、自動操舵・ブレーキ機能により縦列駐車と車庫入れをアシストする「アクティブパーキングアシスト」を標準装備した。

ラゲッジルームは、通常時で500リッター(VDA方式)を確保し、クーペデザインがもたらす広い床面積によりゴルフバッグを3つ搭載することが可能。

さらに後席バックレストを倒せば最大1,400リッター(VDA方式)まで拡大できる。

加えてワンタッチ操作でテールゲートが自動開閉し、開口角度も調整できる「EASY-PACK自動開閉テールゲート」も標準装備した。

大きく開くテールゲート、張り出しの少ないフラットなフロア形状、後席バックレストを40:20:40の比率で前方に倒せる分割可倒機構により、乗員数や荷物の形、大きさに合わせた幅広い使い分けが可能だ。

GLC 200 クーペの特長
最高出力184PS/135kW、最大トルク300N・mを発揮する2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンに、メルセデス最新の9速オートマティックトランスミッション「9G(ナイン ジー)-TRONIC(トロニック)」を組み合わせたGLCクーペで唯一の2輪駆動ガソリンモデルである。

同車は、オフロードでの走行を想定しない都会派のユーザーには向くFRレイアウト(2輪駆動)のモデルである。

いわばエントリーモデルでありながら、メルセデスの先進安全運転支援システム「レーダーセーフティ」や夜間走行時に周囲の状況に応じてヘッドライトの照射範囲を調節することで、ドライバーに最大限の視界を確保するLEDインテリジェントライトシステム。

360°カメラと自動ステアリング操作により駐車をサポートするアクティブパーキングアシスト、EASY-PACK自動開閉テールゲート、パワーシート、プライバシーガラス等を標準装備している。

GLC 220 d 4MATIC クーペの特長
最高出力170PS/125kW、最大トルク400N・mを発揮する2.2リッター直列4気筒BlueTECエンジンに、9速オートマティックトランスミッション「9G(ナイン ジー)-TRONIC(トロニック)」を組み合わせたクリーンディーゼルモデルである。

これは比較的重量が重いSUVに力強い動力性能と優れた燃費経済性をもたらす。また、排出ガスに尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を噴射することにより化学反応(還元作用)を発生させ、有害な窒素酸化物(NOx)を大幅に削減する尿素SCR(Selective Catalytic Reduction:選択型触媒還元)ディーゼル排出ガス処理システム「BlueTEC」を採用し、世界で最も厳しいとされる日本のディーゼル排出ガス規制に適合する優れた環境性能を実現した。

GLC 250 4MATICクーペの特長
最高出力211PS/155kW、最大トルク350N・mを発揮する2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTターボエンジンに、メルセデス最新の9速オートマティックトランスミッション「9G(ナイン ジー)-TRONIC(トロニック)」を組み合わせたモデルである。

なおGLC 250 4MATICクーペには、ダンピング特性や車高を自動的に調整する電子制御式のAIR BODY CONTROLサスペンションを設定した。AIR BODY CONTROLは、車速や走行条件に応じて、ダンピング特性や車高を自動的に調整する電子制御式エアサスペンションだ。

路面状況、運転状況、乗車人数や積載状況に応じて、減衰力を常に最適に保つ。高速走行時には車高が自動的に下がり、ハンドリング性能、空力特性および燃費を向上させる。

また、荒れた路面などでは最低地上高を15mm高めることができます。乗車人数などによる車体姿勢の変化を補正するセルフレべリング機能により、常に変わらないハンドリング特性を実現した。

GLC 350 e 4MATIC クーペ スポーツの特長
パワートレイン
GLC 350 e 4MATIC クーペ スポーツ のパワートレインには、「GLC 250 4MATIC クーペ」に搭載される最高出力211PS(155kW)、最大トルク350N・mの2.0リッター直列4気筒BlueDIRECTエンジンに、最高出力116PS(85kW)、最大トルク340N・mを発生しブースト機能も併せ持つ高出力の電気モーターを組み合わせた。

システム全体で320PS/235kW、最大トルク560N・mを発生し、ガソリンエンジンと高出力電気モーターを状況に応じて使い分けることで、ガソリンエンジンモデル、EV、ハイブリッドの特長を生かしたハイパフォーマンスを発揮するプラグインハイブリッドとなった。

最新世代エンジンと高出力モーターによる途切れのない加速感を提供。なお0-100km/h加速は5.9秒である。

また、市街地から高速道路まで幅広く電気モーターのみで走行が可能。航続距離は30.1kmである。
加えて走行中にも回生ブレーキなどによりバッテリーの充電を行うため、充電設備が無い場合でも電気モーターのみでの走行が可能だ。

なおこのシステムは、以下の4つのモードを備えている。
HYBRID: 走行環境やバッテリーの残量に合わせてエンジンと電気モーターを併用。高出力電気モーターのブースト機能により途切れの無い加速感を味わうことができる。

E-MODE: 電気モーターのみで30.1kmの走行を実現し、市街地から高速道路まで静粛性に優れたドライビングを楽しむことができる。

E-SAVE: その時点でのバッテリーの充電レベルを維持する。

CHARGE: 走行しながらバッテリーを充電する。
JC08モード燃費は、13.9km/h。リチウムイオンバッテリーの充電時間は、フル充電まで「CHARGE」モードで1時間以内、AC200V電源使用で約4時間となっている。

大容量のリチウムイオンバッテリー(8.31kWh)を搭載していながらゴルフバッグ3セットを積載可能なラゲッジルーム容量を確保しており、プラグインハイブリッドモデルであるにも関わらず、十分なユーティリティ性を確保した。

ブルーアクセント
加えて「GLC 350 e 4MATIC クーペ スポーツ」には特別装備として、Mercedes-Benzロゴ付ブルーブレーキキャリパーおよび「PLUG IN HYBRID」デザインのサイドバッジが装着される。

メルセデスAMG GLC 43 4MATICクーペの特長
AMGテクノロジー
心臓部には、Mercedes-AMGが専用に開発した高出力のV6エンジン、Mercedes-AMG専用開発 3.0リッターV型6気筒ツインターボBlueDIRECTエンジンが搭載される。

最大圧力200barのピエゾインジェクターによるスプレーガイド式燃焼システムによって、常に最適な燃焼状況を作り出す。

さらに、クランクケースとシリンダーヘッドをアルミニウム製とし、軽量化も実現。これらMercedes-AMGの最新テクノロジーによって、最高出力367PS/270kW、最大トルク520N・mを発揮します。0-100km加速ではセグメントで高水準の4.9秒*5を発揮する。

さらに高性能エンジンのパワーを四輪に最適に配分するMercedes-AMGが開発した四輪駆動システム「AMG 4MATIC」を搭載。

同システムは、駆動力の変動によるステア特性の変化が少ないため、直線でもコーナーでもドライバーの意志とひとつになって正確に路面をトレースする安定した挙動を実現する。

なお31:69とリア寄りのトルク配分により、スポーツ走行時などで強力なトラクションと安定感あるハンドリングを提供した。

足回りには、Mercedes-AMGが開発した「AMGスポーツサスペンション」を採用した。AMGダイナミックセレクトスイッチまたは専用ボタンにより「Comfort」、「Sport」、「Sport+」の3つのモードから電子制御ダンピングシステムの減衰特性を選択することができる。

ダイナミックなスポーツ走行から快適な長距離ドライブまで高いアジリティ性能と快適性を両立する。

AMG強化ブレーキシステム
フロントに360mmのドリルドベンチレーテッドディスク、リアに320mmのベンチレーテッドディスクを採用し、ハイパフォーマンスに対応する強大な制動力と耐フェード性、ペダル操作に対する優れた応答性を発揮する。

AMGダイナミックセレクト
快適なクルージングからダイナミックなスポーツ走行まで、センターコンソールのスイッチを操作するだけでドライバーが望むキャラクターにセッティング可能なシステムである。

トランスミッションのシフトプログラムに加え、エンジン特性、サスペンションの減衰特性、ステアリング特性、ECOスタートストップ機能が連動して変化する。
・E(ECO)
燃費重視のエンジン/トランスミッション特性となり、エアコン出力も抑えるモード。中・高速巡航時にアクセルペダルから足を離すと、クラッチを切り、エンジンをトランスミッションから切り離すことで走行抵抗を低減させるセーリング機能などにより燃費を向上する。

・C(Comfort)
デイリーユースに適した、快適性と低燃費をバランスさせたモード。

・S(Sport)
ワインディングなどでスポーティなドライビングを楽しむためのモード。ロードフィールを高めるためにAMGパラメーターステアリングのパワーアシスト量が減少する。

・S+(Sport+ )
パフォーマンスを最大限発揮しダイナミックなドライビングを楽しめるモード。シフトダウン時に働くブリッピング機能がエモーショナルなエンジンサウンドとともにドライバーのスポーツマインドを刺激する。

・I(Individual)
エンジン、サスペンション、ステアリング、トランスミッションのパラメーターを個別に設定できるモード。

AMGサウンド
軽量かつ低背圧タイプの「AMGエグゾーストシステム」を装備。モータースポーツを想起させるエモーショナルなサウンドを発生。特にS+(Sport Plus)モードでは官能的なV6サウンドを楽しむことができる。

AMGデザイン
エクステリアには、サイドミラーやフロントスポイラー、ウインドウモール、リアバンパーなど随所に艶のあるブラックのアクセントを配した「ナイトパッケージ」を装備するとともに、足元にはツインカラーの21インチAMG 5ツインスポークアルミホイールを装備することで、スポーティかつスタイリッシュな個性を強調している。

GLCクーペのラインアップおよびメーカー希望小売価格は以下の通り。