メルセデス・ベンツジャパン、GLC/GLCクーペ 機能を一部改良

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社: 東京都品川区、社長:上野金太郎)は、メルセデス・ベンツ「GLC」および「GLCクーペ」の機能を一部改良し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ7月25日より発売する。

「GLC」は、メルセデス・ベンツのベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全/快適装備を備えると共に、SUVならではの高いアイポイントと同セグメントでは低い重心による乗用車のような乗り心地を合わせ持つプレミアムミドルサイズSUVである。

「GLCクーペ」は、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を備えながら、GLCと同等の走行性能、利便性を実現したメルセデスのプレミアムミドルサイズSUVクーペ。

クーペスタイルでありながら後席は大人が十分快適に過ごせる空間を確保し、最大1,400リッターの広いラゲッジスペース(ラゲッジ容量はVDA方式)を備えている。

GLCおよびGLCクーペの主な変更点
自動車が通信することによりお客様の利便性を向上する先進的なテレマティクスサービス「Mercedes(メルセデス) me(ミー) connect(コネクト)」を搭載した。

「Mercedes(メルセデス) me(ミー) connect(コネクト)」は「24時間緊急通報サービス」などを最長10年間無償でご提供する「安心安全サービス」、「リモート車両操作」等を3年間無償でご提供する「快適サービス」の2つのサービスカテゴリーから構成される。

「安心安全サービス」
-24時間緊急通報サービス:事故検知時(エアバッグ、シートベルトテンショナー展開時)または車内にあるSOSボタン押下時に、コールセンターが消防に連絡する。

-24時間故障通報サービス:ツーリングサポートが必要な際に、Bコールボタンを押下するとツーリングサポートセンターにつながる。

「快適サービス」
-リモートドアロック&アンロック*2:スマートフォンの操作で車両ドアのロック、アンロックができる。

-リモート(車両)ステータス確認*2:車両の走行距離、燃料計、平均燃費等の状態をアプリ等で確認できる。

-リモートセットアップ*2:アプリの操作で車両バッテリーの充電状況の確認やエアコン設定ができる。(GLC 350 e/GLC 350 e クーペのみ)

-MB Apps:天気情報や充電ステーション (GLC 350 e/GLC 350 e クーペのみ)の位置や施設情報、インターネットラジオをMB Appsで表示、使用できる。

-Door to Doorナビ:スマートフォンアプリから目的地をBluetooth®経由でCOMANDシステムに送信できます(2017年8月サービス開始予定)。