メルセデス・ベンツ日本、メルセデスAMG GT Rを発売

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社: 東京都品川区、社長:上野金太郎)は、「メルセデスAMG GT R」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて6月27日より発売する。

「メルセデスAMG GT R」は、“Handcrafted by Racers.“をスローガンに掲げ、スポーツカーを愛するユーザーに向けて、モータースポーツを愛するメルセデスAMG社による完全自社開発スポーツカー「メルセデスAMG GT」がベースとなっている。

これにドイツツーリングカー選手権(DTM)やスーパーGTなど世界で戦うカスタマースポーツレーシングカー「メルセデスAMG GT3」で培った技術を注ぎ込んだ公道走行可能なレーシングモデルというコンセプトだ。

パワーユニットは、専用に新開発されたAMG4.0リッターV8直噴ツインターボエンジンで、徹底した軽量化やドライサンプ潤滑システムによる低重心化、また2基のターボチャージャーをV8エンジンのVバンク内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトがもたらすコンパクト化と吸排気経路の最適化等、メルセデスAMGが持つテクノロジーが詰め込んだものとなっている。

車体各部は、アルミニウムを中心とする素材を適材適所に配置することで、軽量でありながら非常に高い強度を実現したアルミニウムスペースフレームを採用。

さらにフロントミッドシップエンジンとトランスアクスルレイアウトのトランスミッションにより、理想的な48:52の前後重量配分を実現した。

エクステリアには、1952年に開催された伝説的なレースであるカレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝を飾った300 SLレーシングカーを彷彿とさせる「AMGパナメリカーナグリル」。

強力なダウンフォースを生み出す「アジャスタブルリアウイングスポイラー」をはじめとする専用装備を備えることで、空力効率を強化するとともに走行中の最適なトラクションを確保した。

また、タイヤは「ミシュランパイロットスポーツカップ2」を標準装備することで最大限のドライビングパフォーマンスを発揮できるよう設計されている。

さらに、メルセデスAMG初となる4輪操舵システム「AMGリア・アクスルステアリング」や9段階の調整が可能なAMGトラクションコントロールなどサーキットを速く走るための専用装備を備えた。

一方、同社ではメルセデスの安全運転支援システムの1つである「ディスタンスパイロット・ディストロニック」を標準装備し、レーシングモデルでありながら高い安全性も実現していると謳っている。