メルセデス・ベンツ日本、SLC180スポーツとAMG SLC43にレッドアートエディション追加

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社: 東京都品川区、社長: 上野 金太郎、以下 MBJ)は、メルセデス・ベンツ「SLC」の特別仕様車「SLC 180 Sports RedArt Edition」および「Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて2017年8月31日までの期間限定で注文受付を行う。

「SLC」は、1996年に電動開閉式ハードトップ「バリオルーフ」を備えた全天候型オープンカー「SLK」として登場。

現行モデルは、2016年にメルセデスのロードスターを表す「SL」と車格を表す「C」を組み合わせ、「SLC」という車名に刷新された。

これをベースとした「SLC 180 Sports RedArt Edition」は、エクステリアでは、フロントスポイラーリップ、サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリムに加えて、フロントのブレーキキャリパー&ドリルドベンチレーテッドディスクにレッドアクセントを配した。

インテリアは、ステアリング、インテリアトリム、ダイレクトセレクトレバーなど随所にカーボンデザインを採用、シートにはパイピング等を施したナッパレザーをシートにレッドラインと組み合わせることでスポーティな室内空間を演出した。

さらに、シートバックに内蔵した超小型セラミックヒーターによって暖めた空気を、ヘッドレスト下部から吹き出す「エアスカーフ」をSLC 180として初装備しつつ、税込616万円の求め易い価格設定とした。

一方、「Mercedes-AMG SLC 43 RedArt Edition」は、ハイパフォーマンスモデルMercedes-AMG SLC 43をベースに、俊敏なハンドリングと快適性を両立する「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」をSLCとして初採用した。

エクステリアは、フロントスポイラーリップ、サイドエアアウトレットフィン、リアディフューザートリム、フリックに加えて、前後のブレーキに「AMGレッドブレーキ・キャリパー」を採用。

さらに、専用のハイグロスブラックペイント18インチAMG10スポークアルミホイールにもレッドラインを採用した。

インテリアは、カーボン素材を使用したAMGカーボンインテリアトリムやAMGエンボスを施したAMG E-SELECTレバーなどを採用し、レッドパイピングを施したシートやレッドシートベルトでスポーティなアクセントを加えた。価格は税込984万円と魅力的な価格を設定とした。