メルセデス・ベンツ日本、新車整備事業を上組に譲渡

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社:東京都品川区、社長:上野 金太郎)は1月9日(火)に、エムビー・サービス日本株式会社(以下 MBSJ)を設立し、茨城県日立市で実施している新車整備事業(以下 本事業)を新会社に承継した。

また、同日付でMBSJの株式の66.6%を株式会社上組(本社:兵庫県神戸市、社長:深井義博)に譲渡した。

MBJは1992年に日立市に新車整備センターを設立し、メルセデス・ベンツおよびスマートの新車整備及び関連事業をおこなってきた。

この拠点は品質水準を満たす整備や、法的な完成検査を実施する重要な拠点で、現在、国内におけるメルセデス・ベンツおよびスマートの約6割を担当している。

これについてこの度、今後の環境変化に迅速に対応し、更に効率的な運営を目指して全体プロセスやリソースの最適化を検討していく結果、該当事業を分割し新会社化することを決めた。

これを踏まえ国際的な総合物流カンパニーの上組をMBSJのパートナーとして迎えて提携。上組の豊富な経験や創造的なアイディアを本事業のオペレーションに取り入れることで、更なる機能拡充を図っていくとしている。