メルセデス・ベンツG550 4×42期間限定車発売、アジアでは日本のみの供給


mercedes-benz-g550-4-x-42-period-limited-car-sale-supply-of-japan-only-in-asia20160404-1

メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社:東京都港区、社長:上野金太郎)は、メルセデス・ベンツの最高級クロスカントリービークル「Gクラス」の特別仕様車「G 550 4×42」を発表し、4月4日(月)から2016年5月31日(火)までの期間限定で、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークにて注文受付を開始する。

なお、この特別仕様車の販売はアジアでは日本のみ※となる。 ※2016年4月4日時点

mercedes-benz-g550-4-x-42-period-limited-car-sale-supply-of-japan-only-in-asia20160404-3

Gクラスは1979年に発売されて以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレイン、装備を加えながら進化を続け、一時的な流行とは無縁の世界観と、圧倒的なオフロード性能を特徴に、登場から37年を経た現在も支持される四輪駆動の頂点モデルである。

今回の「G 550 4×42」は、この37年におよぶGクラスの歴史において培った特殊車両技術を投入した究極のオフローダーとなる。

mercedes-benz-g550-4-x-42-period-limited-car-sale-supply-of-japan-only-in-asia20160404-6

コンセプトはシンプルで全輪駆動パワートレインを、各ホイールに2本ずつ装着されるスプリング/ダンパーストラットと、可変ダンパーシステムから構成されるツインサスペンションに組み合わせている。

これにより砂地、岩場、水溜まりといった悪路走破性が飛躍的に高まったのに加え、通常モデルとほぼ変わらず、街中でも快適なクルージングが可能な全天候・全環境モデルとなった。

しかも防弾仕様車の技術をベースにした「ポータルアクスル」の採用により、最低地上高460mm、渡河深度1,000mmと、G 550に比べ大幅に走破性も向上させている。(G 550: 最低地上高 235mm/渡河深度 600mm)

ポータルアクスルによって、ベースモデルの車軸位置を変えることなく最低地上高を高くすることが可能となり、これによって、サスペンション固定ポイントやステアリング接続部などの位置は一定となっている。

シャーシは量産のGクラスをベースにしており、オンロード、オフロードのいずれにおいても、ラリースポーツ由来の新しい可変ダンパーシステム「ラリー強化仕様ツインサスペンション」が威力を発揮する。

mercedes-benz-g550-4-x-42-period-limited-car-sale-supply-of-japan-only-in-asia20160404-4

一方のスプリング/ダンパーストラットは、固定された減衰特性で通常どおりに動作。さらにもう一方のストラットは電子制御可変ダンパーを採用し、走行状況に応じて減衰特性全体が調整できる。

スポーツモードとコンフォートモードの切り替えはセンターコンソールのボタンで実行。また、両モードの切り替え時間は1秒以内の速さで完了する。

スポーツモードでは、ダンピング特性が大幅に引き締められるため、コーナリングの際も速度を保ったままダイナミックに走行できる。

一方、快適なクルージングを楽しみたい場合は、コンフォートモードに切り替えることで、路面のあらゆる凹凸を滑らかに吸収できる。

ただし、急激な回避操作など限界に近い状況では、自動的に硬い設定に切り替わり、最大限の走行安定性を確保する。

また、コンフォートモードは接地性が向上することから、オフロード走行にも役立つ。すなわち、起伏の激しいオフロード面でも、充分以上のトラクションを得ることができる。

mercedes-benz-g550-4-x-42-period-limited-car-sale-supply-of-japan-only-in-asia20160404-7

なお心臓部には「Mercedes-AMG GT」や「Mercedes-AMG C 63」に搭載されているAMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジンをベースに新開発されたM176型エンジンを搭載。

最高出力422PS/310kW、最大トルク610Nmを発揮する。また、ECOスタートストップ機能(アイドリングストップ機能)により、環境性能の向上も図っている。

このエンジンは、2基のターボチャージャーをV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトを採用し、エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸気経路が最適化され、優れたレスポンスを実現。

また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングするNANOSLIDE®摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスを低減すると共にエンジンの軽量化にも貢献している。

「G 550 4×42」は、その卓越した走行性能をオフロードだけではなくオンロードでも発揮。ポータルアクスルにより、トレッドが1,774mm(ノーマル比+229mm)とかなり広くなり、325/55 R22サイズの大きなタイヤと“スポーツモード”を搭載する可変ダンパーシステムの採用により、コーナリングにおいてもスポーツカーのようなダイナミックな走りも提供できる。

オフロードにおいても、フルタイム四輪駆動、トランスファーケースによるクロスカントリーギア、ポータルアクスル、走行中にロック可能な3つのディファレンシャルなど、これだけの組み合わせは通常のクロスカントリービークルでは例を見ないものであり、あらゆる条件の下で圧倒的な走破性能を発揮してくれる。

mercedes-benz-g550-4-x-42-period-limited-car-sale-supply-of-japan-only-in-asia20160404-5

インテリアは、シートとドアパネルにdesignoレザー ブラック/ダイヤモンドステッチ入りDINAMICAブラックマイクロファイバーを、ドアハンドル、ダッシュボードやヘッドレストには、ホワイトステッチ入りdesignoレザーを採用。ボディカラーは本モデル専用色エレクトリックビームを含む4色を設定した。

また、少量限定生産モデルであるにもかかわらず、日本仕様専用装備として、COMANDディスプレイやインストゥルメントクラスター内表示の日本語対応はもちろんのこと、日本の道路事情を考慮し360°カメラシステム、パークトロニックなど本国仕様には存在しない装備も装着した。

なお、通常販売しているメルセデス・ベンツ車両と同様に 新車購入から3年間走行距離無制限の一般保証(製品不具合の修理)・メンテナンス保証と24時間ツーリングサポートを提供する総合保証プログラム「メルセデス・ケア」が無償で適用される。

名 称
G 550 4×42 (フォー・バイ・フォー スクエアード)
ステアリング
外装色
エレクトリックビーム (本モデル専用色)
designo ミスティックホワイトⅡ
designo マグノプラチナムマット
オブシディアンブラック
内装色
designo レザー ブラック /DINAMICAブラックマイクロファイバー
特別装備
・  ハイグロスブラックペイント22インチ5ツインスポークアルミホイール
・  ラリー強化仕様ツインサスペンション
・  ポータルアクスル
・  ステンレス製アンダーガード
・  カーボンファイバー製オーバーフェンダー
・  カーボンファイバー製フロントルーフスポイラー(LEDライト付)
・  360°カメラシステム(日本専用装備)
・                                                           designoレザー ブラック/ダイヤモンドステッチ入りDINAMICAブラックマイクロファイバー
販売期間
2016年4月4日(月)~2016年5月31日(火)*
メーカー希望小売価格*
( )は消費税抜き車両本体価格
35,100,000
(¥32,500,000)

* 上記のメーカー希望小売価格は、付属品価格、税金(消費税を除く)、保険料、登録に伴う諸費用を含まない車両本体価格。また「自動車リサイクル法」に基づく、リサイクル料金が別途必要となる。

The new G 550 4×42スペシャルサイト