メルセデスベンツ、新Sクラスの予約受注開始。リモートパーキングアシストで話題を醸成

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンを使用した車外からの遠隔 並列・縦列駐車が可能に

メルセデス・ベンツ日本株式会社(本社:東京都品川区、社長:上野金太郎)は、メルセデス・ベンツの最高級セダン「新型Sクラス」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて8月9日より予約注文の受付を開始した。

受注車両は、9月上旬より順次納車を開始する。但しS 560 long、S 600 long、メルセデスAMG S 63 long、メルセデスAMG S 65 longは2017年12月頃までずれ込む見込みとなっている。

このメルセデス・ベンツSクラスは、同クラスの自動車にとって、歴代に亘って、ひとつのベンチマークとして競合車からマークされてきたフラッグシップモデルである。

例えば2013年には、「インテリジェントドライブ」を搭載し、累計販売台数で世界30万台超の販売を記録した。

そして今年2017年、安全性と快適性、効率性を高次元で融合する「インテリジェントドライブ」をより進化させ、クルマが通信機能を持ち、利便性を高めた「Mercedes(メルセデス) me(ミー) connect(コネクト)」を初導入した。

同社によるとその他、新開発のパワートレインの導入など、安全性と快適性、効率性など、自動車に求められるあらゆる要素を高次元で究めて、装いも新たに生まれ変わったと謳っている。

個々の機能について具体的には、レーダーによる車両安全の確保に関して「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)」が搭載されている。

これは高速道路走行時で先行車を自動認識し、速度に応じて車間距離を調節。さらにその先行車が停止した場合は自動的に停止するもの。

なお自動再発進機能もプログラミングされており、高速道上の渋滞時に限って自動停止した際、30秒以内(一般道路上では静止の保持時間が3秒と短くなる)に先行車が発進した場合は自動で再発進する。

その他の機能では「アクティブステアリングアシスト」があり、これは道路上の屈曲などカーブの状態・ケースによってはガードレール等も正確に認識。前方を走る先行車を捉えながら自動的にステアリング操作するというもの。

また万が一の事故やトラブル発生時には、搭載されている「PRE-SAFEサウンド」が機能し、不可避の衝突を検知した際、車両のスピーカーからドライバー並びに乗員の鼓膜を守るため衝撃波をやわらげるサウンドを発生させ、内耳への影響を低減する。

その他ににも「アクティブレーンチェンジングアシスト」「アクティブエマージェンシーストップアシスト」「緊急回避補助システム」「トラフィックサインアシスト」などの新機能が導入されている。

なかでも国内初導入で目新しさを訴求する装備では、「Mercedes me connect」がある。

これはドライバーが車外からスマートフォンによる操作で車両を縦列駐車できる「リモートパーキングアシスト」が備わっているもの。同種の機能・装備は今後、他社メーカーに於いても順次導入されるだろうが、現段階では国内初搭載ゆえに話題の装備となっている。

この「Mercedes me connect」には他に、24時間緊急通報サービス・24時間故障通報サービスの「安心安全サービス」。

リモートドアロック&アンロックや、24時間コンシェルジュサービスの「おもてなしサービス」などスマートデバイスを介した複数のサービスが提供されるようだ。

ちなみにパワーユニットは「S 560 long」「S 560 4MATIC long」に新型のV型8気筒4.0リッター直噴エンジンに、2基のターボチャージャーをシリンダーバンクの内側に配置するツインターボユニットが組み込まれている。

これにより最高出力345kW/469PS、最大トルク700Nmを発揮。燃料消費率の抑制を狙って低負荷時に4気筒を休止する機能を採用した。

いわゆるスタンダードグレード「S 400」には最高出力270kW/367PS、最大トルク500Nmを発生する3.0リッターV型6気筒直噴ツインターボエンジンを搭載。

スポーツセグメントの「メルセデス AMG S 63 long」 および「メルセデス AMG S 63 4MATIC+ long」は、「メルセデスAMG GT」と共通の基本設計を持つAMG 4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載される。

同ユニットの最高出力は450kW/612PS、最大トルク900Nmとなった。そのパフォーマンスでは「AMG 4MATIC+」搭載のメルセデス AMG S 63 4MATIC+ longで、0-100km/hを3.5秒という数値が印されている。

最も出力が高いユニットは、「S 600 long」と「メルセデス AMG S 65 long」に搭載される6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンがあり、S 600の最高出力390kW/530PS・最大トルク830Nm。S 65の最高出力は463kW/630ps・最大トルク1,000Nmとなっている。

気になる価格は、消費税込みでS 400の1,128万円から、メルセデスAMG S 65 longの3,323万円までの範疇となる。