マイクロソフト、自動車業界も改革するホロレンズを刷新


2月25日、スペインのMWCバルセロナで「Microsoft HoloLens 2」発表

米マイクロソフトは欧州時間の2月25日の夜、バルセロナで開催されたMWC(Mobile World Congress )のプレス向けキックオフイベントの壇上で、新型MR(Mixed Reality/複合現実)デバイスのHoloLens2(ホロレンズ2)を発表した。

このHoloLensシリーズは2015年にマイクロソフトがリリースしたMRデバイスで、日本国内でも広く産業領域で利用されているほか、自動車業界に於いても車両の開発環境だけでなく、自動車整備などの業界で最も川下にあたるアフターケア分野でも、新たな働き方や稼働率向上を実現するデバイスとして試験導入が進んでいる。

ちなみに2月25日のキックオフイベントでは、マイクロソフトのサティア ナデラCEO(Satya Nadella)にアレックス キップマン ・テクニカルフェロー(Alex Kipman)が登壇。

2世代目のデバイスに進化したことでさらに加速化されるインテリジェントクラウドや、インテリジェントエッジに関するマイクロソフト独自の世界観を説明した。

それによると実質的に限界の無いクラウドの演算能力と、現実の世界に組み込まれたエッジデバイスを組み合わせることで、数年前であれば、想像すらできなかった体験ができるようになっているという。またそれにはMR体験との組み合わせが新たなフレームワーク誕生の鍵だと示唆している。

これを前提に2016年に同社がリリースしたHoloLensは、建設現場から工場のフロア、さらには手術室から学校の教室に至るまで新たなコンピューティングの時代を創り出しているのだと語る。

それはデジタルな世界が2次元スクリーンを超えて、3 次元の世界へと足を踏み入れる時代であるという。この新たな時代の到来により、人々は3D を用いて境界を超え、より簡単かつ迅速に共同作業ができるようになったと述べている。

しかし製品発表後2年を経てHoloLensの利用顧客から、主に3つの分野にフォーカスしてほしいとの意見を得たという。それは、より没入感を持たせ、より快適に、そして価値を創造するまでの時間を早めてもらいたいというもの。

そこで同社では、まず没入感については、映像ディスプレイシステムを大幅に強化させ、1度あたり47ピクセルという業界最先端のホログラフィック密度を維持しながら、視野角を2倍以上に広げ、ホログラムをより鮮やかでリアルにした。

またHoloLens2では、ホログラムとの対話方法も刷新した。新たなTOFデプスセンサー(time-of-flight depth sensor)を内蔵AI と意味論的理解(semantic understanding)と組み合わせて利用。さらにアイ トラッキング(視線追跡)センサー搭載でホログラムとの対話がより自然に行えるようにし、直感的なジェスチャーでホログラムを自然に操作できるようにした。

快適性の向上はホログラムだけに留まらず、軽量のカーボン ファイバー素材採用で重心を再設計し、新しい蒸気密封技術(vapor chamber technology)を利用し温度管理も改善されている。

顧客からの最後の要望である価値創造時間の短縮では、Dynamics 365やRemote Assist、Dynamics 365 Layout、Dynamics365Guides を介して時間短縮を図っている。

なおこの新たなHoloLens 2は、2019年中に3,500ドルで提供される予定だ。Dynamics 365 Remote Assist がバンドルされたものは月額125ドルで利用可能。提供地域は日本を筆頭に、米国、中国、ドイツ、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、オーストラリア、ニュージーランドで先行発売される予定という。HoloLens 2のプレオーダーは、同日より以下のWebサイト(英語のみ。日本向けサイト)で開始されている。

主な製品仕様は以下の通り

ディスプレイ
・光学方式:シースルー・ホログラフィック・レンズ
(ウェーブガイド方式)
・解像度:2k 3:2 light engines
・ホログラフィック密度:>2.5k radiants(light points per radian)
・目をベースにしたレンダリング:Display optimization for 3D eye position

センサー
・ハンドトラッキング
・アイトラッキング
・デプス:Azure Kinect sensor
・IMU:加速度センサー、ジャイロセンサー、地磁気センサー
・カメラ:8MP(静止画) 1080p30 (動画)

オーディオ&マイク
・マイクアレイ:5ch
・スピーカー:内蔵、空間音響対応

環境認識(利用者)
・ハンドトラッキング:Two-handed fully articulated model,
direct manipulation
・アイトラッキング:リアルタイムトラッキング
・音声認識:Command and control on-device, Natural Language with internet connectivity

環境認識(外部)
・6DoF tracking:World-scale
positional tracking
・Spatial mapping:Real-time environment mesh
・Mixed reality capture:Mixed hologram and physical environment photos and videos

プロセッサと接続
・SoC:Qualcomm Snapdragon 850 Compute Platform
・HPU:2nd generation custom-built holographic processing unit
・WiFi:802.11ac 2×2
・Bluetooth 5.0
・USB USB Type-C

装着スタイル
・Single size
・Fits over glasses(メガネ可)

利用ソフトウェア
・Windows Holographic Operating System
・Edge
・Dynamics 365 Remote Assist
・Dynamics 365 Layout
・Dynamics 365 Guides
・3D Viewer
・OneDrive for Business