欧州F3参戦中の佐藤万璃音、日本企業がスポンサード開始


佐藤万璃音選手所属のモトパークを、フィンテック開発のGOLDEXがスポンサードへ

システム/アプリケーション開発事業やマルチ決済ソリューション事業を手掛けるGOLDEX株式会社(本社・東京都品川区、代表取締役社長:坂本和也)は11月12日、FIAヨーロッパ F3 に参戦し、マカオ F3で世界の頂点を目指すドイツのモトパークアカデミーをスポンサードすると正式発表した。

具体的には、両社で新たに「GOLDEX RACING TEAM」として、第65回マカオGP に3台体制で参戦する。

このモトパークアカデミーは、昨年のマカオGPポールポショションを奪取。優勝を獲得した名門チーム。日本人ドライバー、佐藤万璃音選手も同チームで活躍中だ。

今回の参戦にあたり、チームは最強メンバーとしてジョエル・エリクソン選手、フェルディナンド・ハプスブルグ選手、そして日本人の万璃音選手を起用する。

GOLDEX 株式会社の坂本和也代表取締役社長は、今回のモータースポーツ参戦・マカオGP参戦に関して「ヨーロッパで最強チームのひとつであるモトパークアカデミーと一緒にマカオ GP を戦うことができて、非常に嬉しく思います。

モータースポーツの世界はハイテクノロジーを競い合う世界ではありますが、最後は人間力の戦いです。

昨年のマカオGPは、F1を目指す若者の戦いの場として、まさにその頂点でした。技術者としての生きかたを貫いてきた自分にとって、モータースポーツの世界は、ある意味でその哲学が共通する非常に魅力的な世界です。

GOLDEX 株式会社は、さまざまな技術ジャンルで日夜研究開発に励み、快適なキャッシュレス化社会への発展に貢献させていただく会社です。

ライバルによって技術は磨かれると思っておりますが、レースの世界もまさにそれで、速いライバルの登場が自らを高め、一気に時代を変えるチャンスが訪れます。

チャレンジ(挑戦)・イノベーション(革 新)・スピード(俊敏さ)を企業活動の基本に置き、持続的な発展を目指している弊社にと って、モータースポーツは非常に重要なマーケティング・ポイントだと考えております。

我々、[GOLDEX RACING TEAM]が、今年のマカオGPで注目の的となるよう、チー ム一丸となって頑張りますので、皆さん、応援よろしくお願いします」と話している。

なお佐藤万璃音選手は、唯一の日本人ドライバーとして2018年にFIAヨーロピアンF3選手権を戦った。

今季はシーズン最終戦となったホッケンハイム戦でのレース2の14位がベストリザルト。ドライバーズランキング16位でシーズンを終えている。

しかし万璃音選手は、自身が求めている目標達成を目指して欧州への挑戦を続けていきたいと語り、来季への意欲を見せている。今秋のマカオ参戦は、そんな来季へ向けた挑戦の第一歩となるだろう。

マカオGP開催日
11月17日(土) 予選
11月18日(日) 決勝

放送概要
BSフジ:11月25日(日)午後2:00~3:55
J SPORTS:
-FIA F3予選/11月17日(土)午前11:00~午後6:00 生中継
-FIA F3決勝/10月18日(日)午前11:00~午後6:00 生中継

会社概要
商号:GOLDEX株式会社(ゴルデックス)
代表者:坂本 和也(サカモト カズヤ)
所在地:〒140-0002
東京都品川区東品川2−2−20 天王洲郵船ビル5階
Webサイト: