国土交通省と経済産業省、第1回自動走行ビジネス検討会WG開催


国土交通省と経済産業省は、我が国が自動走行において競争力を確保し、世界の交通事故の削減等に貢献するために必要な取組について産学官で検討することを目的に、平成27年2月に「自動走行ビジネス検討会」を設置し、同年6月に中間とりまとめを公表した。

今回、この中間とりまとめを受け、自動走行の将来像及び実現に向けた議論を行う。
具体的には、
(1)、2030年頃までの実用化が期待され、産学官が連携して取組むべきアプリケーション(具体的な自動走行の種類)の特定。(2)、(1)の実現に向け必要となる「技術」と「制度・事業環境」の課題に関する認識の共有。
(3)、(1)(2)を踏まえ、産官学が協調して解決すべき課題及び今後の取組方針の検討。

以上の3点をテーマとして、自動走行ビジネス検討会の下に、将来ビジョン検討ワーキンググループ(WG)を設置し、第1回会合を以下のとおり開催する。

1.開催日時・場所
– 日時:平成27年9月29日(火) 13:00~15:00
– 場所:中央合同庁舎第4号館1階全省庁共用108会議室

2.議事次第
– 1.開会
– 2.両省挨拶
– 3.議事
・産学官が連携して取組むべきアプリケーションの特定他
– 4.閉会

3.その他
・WGは忌憚なき議論ができるよう非公開。
・WG資料は非公開とし、後日、議事要旨を公開。
・中間とりまとめ報告書は下記ホームページ参照。

添付資料・報道発表資料(PDF形式)PDF形式