三菱電機、イベントスクエア「METoA Ginza」開設

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

mitsubishi-electric-the-event-square-metoa-ginza-opened20150914-2

三菱電機株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柵山 正樹、以下、三菱電機)は、三菱電機グループの技術・サービスに気軽に触れられるイベントスクエア「METoA Ginza(メトア ギンザ)」※1 を東京・銀座に2016年春開業予定の大型商業施設「(仮称)銀座5丁目プロジェクト」(東急不動産株式会社)内に開設する。

mitsubishi-electric-the-event-square-metoa-ginza-opened20150914-1
「METoA Ginza」イメージ図

同社展示施設は「三菱電機DCROSS」(2003~2005年)以来11年ぶり、銀座では「三菱電機スカイリング」(1963~1987年)以来29年ぶりです。今回新たなコンセプトの施設として、企業価値の向上を目指す。

※1:
「METoA」は三菱電機株式会社の商標です

開設の狙い
これまで同社は、家庭から宇宙まで、多岐にわたる分野で人々の暮らしや社会に貢献してきた。

これを踏まえ、今後2020年度に創立100周年を迎え、その先の未来に向けてもますます進化を続ける三菱電機グループの技術・サービスに気軽に触れられるイベントスクエア「METoA Ginza」を、幅広い年齢層や国内外からの観光客が集まる東京・銀座に開設する。

「見て」「さわって」「体験して」をキーワードに、単なる製品展示ではなく、体験型イベントの定期開催や併設するカフェレストランとの連動により、三菱電機グループに一層興味を持ち、詳しく企業内容を発信・周知・浸透させていくことで企業価値の向上を図る。

施設の概要
名  称:METoA Ginza(メトア ギンザ)
名称の由来:三菱電機で未来に触れる Mitsubishi Electric: Touch of Advancement
所在地:東京都中央区銀座五丁目2番1号「(仮称)銀座5丁目プロジェクト」内
総面積:約908m2
施設内容:イベント・展示スペース、カフェレストラン
オープン予定:2016年春

施設の特長
・ 単なる製品展示ではなく、体験型イベントなどの定期開催や併設するカフェレストランとの連動により、三菱電機グループの技術・サービスに気軽に触れられる
・ 「METoA Ginza」のために独自に設計したエレベーターや大型映像装置を設置
・ 数々の建築・インテリア空間デザインを手掛ける窪田茂氏(窪田建築都市研究所)がデザインと空間演出を担当