三菱ふそうトラック・バス、取締役副会長の松永和夫氏が取締役会長就任へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:マーク・リストセーヤ、以下MFTBC)は、同社・取締役会の承認を経て、2017年1月1日付の取締役人事を決定し、内外に発表した。

具体的には、現・取締役(代表取締役)会長のアルバート・キルヒマン氏が同職を退任。代わって、現在、取締役副会長を務める松永和夫氏が、取締役(代表取締役)会長に就任する。

現・取締役会長(代表取締役)を務めるアルバート・キルヒマン氏は、 1984年にダイムラー・ベンツに入社。

以降、1991年にメルセデス・ベンツ社 スペイン法人 経営企画・財務部門責任者。1996年には、ダイムラー・クライスラー社 経営企画 戦略プロジェクト部門責任者に。さらに翌年の1997年には、同社、パワートレーン事業部門 戦略・財務企画責任者。

– 2004年:同社、商用車事業部門 事業開発・財務担当責任者。
– 2006年:同社、トラックグループ 経営企画・商品企画・財務総責任者 兼 三菱ふそうトラック・バス株式会社取締役。
– 2007年:ダイムラー社 ダイムラー・トラック部門 経営企画・商品企画・財務総責任者 兼 三菱ふそうトラック・バス株式会社取締役。
– 2008年:同社、ダイムラー・トラック部門、バス部門 経営企画・商品企画・財務総責任者 兼 三菱ふそうトラック・バス株式会社取締役。
– 2009年:三菱ふそうトラック・バス株式会社代表取締役社長。
– 2015年:同社代表取締役会長となって現職 。

 

なお、2017年1月1日付で取締役(代表取締役)会長に就任する松永 和夫氏は東京都出身。麻布高等学校を経て、1974年(昭和49年)東京大学法学部公法学科を卒業し通商産業省に入省。

2008年に経済産業省経済産業政策局長。以降、2010年に経済産業事務次官(2011年8月退官)を経て2011年、経済産業省顧問(2013年6月退任)。
– 2012年:株式会社損害保険ジャパン
(現:損害保険ジャパン日本興亜株式会社)顧問。
– 2014年:ソニー株式会社社外取締役。
– 2016年:三菱ふそうトラック・バス株式会社 取締役副会長となった。