三菱自動車、2015年フランクフルトモーターショー出品概要


mitsubishi-motors-and-exhibited-at-the-automotive-technology-exhibition20150519-3-min

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下、三菱自動車)は、2015年9月15日(火)から[一般公開は17日(木)から]27日(日)まで、ドイツ・フランクフルト市の見本市会場(Messegelaende Frankfurt)で開催される第66回IAA 2015(66th Internationale Automobil Ausstellung、通称フランクフルトモーターショー)に出展する。

その内容は、9月より欧州で販売を予定している新型『アウトランダーPHEV』を欧州に於いて初披露するほか、『アウトランダーPHEV』の「バハ・ポルタレグレ500」(*1)参戦車やその他市販車を含め、合計15台(プレスデー13台)出品する。(*1) 10月22日(木)~24日(土)、ポルトガル東部のポルタレグレ県で開催されるクロスカントリーラリー。

また、新型『アウトランダーPHEV』から、住宅への電力供給をイメージした展示を行うほか、8月から欧州仕様の『パジェロ』に搭載しているAndroid Auto™(*2)、Apple CarPlay(*3)に対応したスマートフォン連携ディスプレイオーディオも展示していく。(*2) Android Auto™は、Google Inc.の商標または登録商標。(*3) Apple CarPlayは、米国及びその他の国で登録されたApple Inc.の商標。

新型『アウトランダーPHEV』は、三菱自動車の新しいフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」のもと、フロントデザインを一新。

併せてインテリアの質感向上、さらにボディやシャシー、パワートレインなどにも改良を施すことによって、静粛性、加速性、操縦安定性、乗り心地、環境性能など、走りの性能や質感についても、大幅なレベルアップを図った。

また、新型『アウトランダーPHEV』は、停まっていても価値のある車の新しい使い方として、住宅へ電力を供給する機能を有したプラグインハイブリッド車であることも大きな特徴である。

『アウトランダーPHEV』は、世界初の4WD SUVプラグインハイブリッド車として、2013年1月に日本で発売を開始。

その後、ヨーロッパなど計48ケ国に輸出し、累計で約7万台(2015年7月末時点)を販売した世界で最も売れているプラグインハイブリッド車でもある。

その動力系の構造は、前後に独立したツインモーターと、ガソリン消費やCO2排出がゼロになるEV走行を可能とする大容量バッテリーを床下に配置した、先進の「プラグインハイブリッドEVシステム」としている。

搭載された前後ツインモーターによる滑らかな加速、EV走行による優れた経済性や静粛性の高さなど、これまでのSUVにはない優れた特長を併せ持っている。

mitsubishi-motors-2015-frankfurt-motor-show-exhibition-overview20150831-1アウトランダーPHEV

1.新型『アウトランダーPHEV』の主な改良点
(1)エクステリアデザイン
一新したフロントフェイスは、三菱自動車の新しいフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」のもとデザインを施した。

その造形は、パワー・パフォーマンスを表現するセンターのブラック部を左右から包み込むバンパーサイドの形状によって、人とクルマを守る機能をダイナミックで力強い形として表現している。

またデイタイムランニングランプを搭載したLEDヘッドライト、導光タイプLEDリヤコンビランプを採用することにより、先進的なイメージを演出。

専用形状のバンパーエクステンションやサイドガーニッシュなど各所を車体色と同色に統一することで、一体感のある上質でスポーティなエクステリアデザインを演出。バンパー下部にスキッドプレート形状を採用することにより、SUVらしい力強さと安定感も表現している。

足回りでは、スポーティな『アウトランダーPHEV』専用新デザインの18インチアルミホイール(2トーン切削光輝タイプ)を採用した。

(2)インテリアデザイン
上質でラグジュアリーな空間を演出したプレミアム感のあるインテリアとした。

具体的には、シートの表皮デザインや素材を変更すると共に、既存のスポーティなブラック本革内装に加え、ラグジュアリーなブラウンの本革内装を新たに採用。

シートは、立体感のあるシートパッド、乗員の身体に沿うようなトリムラインを採用することで、優れたフィット感を実現。

また、アクセントとなるステッチをシートやドアトリムに配したほか、シートだけでなく、ドアトリムインサートにもパッドを追加した。

ステアリングホイールには、新デザインの4本スポークタイプを採用。握り心地が良く上質なスムースレザーを採用し、シルバーのスイッチ部にクロームメッキ加飾を施した。

メーターフードはステッチを追加したほか、「漆箱」をモチーフとした、日本の工芸品のような端正な美しさを追求した新デザインの大型センターコンソールや、ブラックストリーム柄の加飾や光輝アクセントを施したインパネ&ドアトリムオーナメントパネルなどを採用している。

(3)静粛性のさらなる向上
静粛性の確保では、吸音材や遮音材、制振材やダイナミックダンパーの追加など30点以上の改良を施すことで、エンジン音、ロードノイズ、風切り音を大幅に低減。走行時、停車時の遮音性を向上させ、快適なキャビンを実現。

さらにドアシールの構造を改良することで、ドアのしまり音を改良。質感の向上と、車両に対する安心感の向上を演出した。

(4)加速性能の向上
プラグインハイブリッドEVシステムの制御を見直し、市街地における発進時や走行時の加速性能やレスポンスを高めた。

(5)操縦安定性と乗り心地の向上
フロントサスペンションクロスメンバーやボディ剛性を大幅に向上させることで、走行安定性と操舵応答性を向上させた。

リヤサスペンションクロスメンバーを補強し、走行安定性の向上とタイヤから伝わる振動やノイズを低減。

フロントストラットやリヤショックアブソーバーの容量を拡大し、リヤスタビライザーを大径化するなどにより、旋回性と乗り心地を高い次元で両立させている。

(6)環境性能の改善
プラグインハイブリッドEVシステムの制御の最適化やエンジンのフリクション低減により、CO2排出量を44g/kmから42g/km(EU走行モード[NEDC*4])に削減し、クラストップレベルの優れた環境性能とした。(*4) New European Driving Cycleの略。

(7)安全性能
事故の危険性を検知し、衝突予防・回避・軽減して安全運転をサポートする先進予防安全技術に加えて、ペダルの踏み間違いなどで、誤発進(前進・後退)した際に、進行方向に車両や障害物があると、発進を抑制し衝突被害を軽減する「誤発進抑制機能(前進&後退時)」をメーカーオプションで設定した。

クルマを真上から見ているかのような映像により、周囲の状況を知ることで、駐車等の運転を補助する「マルチアラウンドモニター(バードアイビュー機能付)」を上級グレードに採用した。

2.『アウトランダーPHEV』の相互電力供給
日本では既に実現しているV2H(*5)を利用した電動車両と住宅との相互電力供給を、欧州においてもプラグインハイブリッド車である新型『アウトランダーPHEV』で展開していく(*6)。

V2Hを展開することにより、新型『アウトランダーPHEV』は走るだけでなく、停まっている時の価値として、車両に蓄えた電気を住宅へ供給することができ、さらに家庭での使用エネルギーを管理するシステム(HEMS)と連携することで、無駄な電気の使用を抑え、電気を効率よく使用できるようになる。

また、太陽光発電などの自然エネルギー発電と組み合わせることで、環境に優しい電気を有効に家庭で利用することができる。
(*5) Vehicle to Homeの略。
(*6) 利用にあたってはV2H機器が必要となる。また、利用可能なV2H機器については別途確認が必要となる。

3.出品車一覧mitsubishi-motors-2015-frankfurt-motor-show-exhibition-overview20150831-2
なお、三菱自動車のフランクフルトモーターショーに関する様々な情報を発信していくスペシャルサイトは下記URLから追って公開される。
<日本語>

<英語>

 

その他の記事(新車関連)
08/20・ホンダ、インドネシアでBR-Vプロト世界初公開
08/20・AUDI TT COUPE/ROADSTER/TTS発売
08/20・LEXUS、フラッグシップSUV「LX」発売
08/20・BMW、340I 40TH ANNIVERSARY EDITION発表
08/20・BMW、新3シリーズセダ/ツーリング発表

08/20・MBJ、SL350 Mille Miglia 417限定20台
08/20・MBJ、SLKの装備を拡充して発売
08/20・MBJ、SLの装備を拡充して9月発売へ
08/19・ボルボV40に1.5Lターボエンジン搭載
08/19・日産、中国で新ムラーノ ハイブリッド発売

08/19・BMW4系クーペM SPORT STYLE EDGE70台限定
08/18・AUDI、A8 3.0 TFSI QUATTROに新型LEDライト
08/18・VGJ、UP!にCROSS UP!追加
08/17・トヨタ、ランドクルーザーをマイナーチェンジ
08/14・MB、新Cクラスクーペの概要公表

その他の記事(モータースポーツ関連)
08/19・SUPER GT第5戦でGT-R勢4連勝を目指す
08/18・マクラーレン、青山でファンイベント限定250名
08/18・エアレース第5戦、FALKENの室屋義秀選手が3位
08/17・アジアクロスカントリーラリーでアウトランダー完走
08/15・ホンダF1総責任者の新井康久氏前半戦を振り返る

その他の記事(イベント関連)
08/21・アウディ、EVの新境地を拓くプロトIAAで発表
08/19・JAF栃木、交通事故回避運転の体験学習開催9/13
08/19・八千代工業の土田選手、はまなす車いすマラソン出場
08/17・ブリヂストン、第12回子供エコ絵画コンクール作展示
08/17・新型ランドクルーザーお披露目会、由比ガ浜で実施中

その他の記事(技術関連)
08/21・横浜ゴム、ブルーライトカットフィルムを産業分野へ
08/19・コンチネンタル、独の協調型高度自動運転を牽引
08/19・日本自動車研究所、第13回産学官連携功労者表彰
08/19・デンソー、バイオ燃料の大規模実証設備を建設
08/13・日本自動車研究所、自動運転車の公道データ収集開始

その他の記事(企業・経済)
08/21・日産、新たなブランドコミュニケーションを開始
08/21・トヨタ、ハイブリッド車の世界累計800万台突破
08/17・三井不動産、リパーク駐車場に充電インフラ設置
08/14・ジャガー・ランドローバー、スロバキアで車両製造
08/13・日本精機、ヘッドアップディスプレイ250万台突破

その他の記事(話題)
08/20・J.D.パワー、2015年日本自動車セールス満足度調査
08/19・JXエネルギー「第63回 朝日広告賞」受賞
08/18・豊田自動織機、台湾の企業を取得・新興国市場へ
08/14・日本のモータースポーツを駆け抜けた浮谷東次郎展
08/11・ポルシェ、独イベントで959生誕30周年を祝う

WeightymattersサイトTOPに戻る