三菱自動車工業、2017年ロサンゼルスオートショーの出品概要を発表


三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修 以下、三菱自動車)の米国子会社MMNA(Mitsubishi Motors North America, Inc.)は11月29日、2017年ロサンゼルスオートショーの出品車両を公表した。

2017年のロサンゼルスオートショーは2017年12月1日(金)から12月10日(日)まで米国カリフォルニア州ロサンゼルスのコンベンションセンターにて一般公開される。

同ショーで三菱自動車工業は、2018年3月の発売を予定している新型コンパクトSUV『エクリプス クロス』を北米初披露するほか、12月から発売を開始するプラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』などを出品する。

このなかで筆頭に挙げている『エクリプス クロス』は、コンパクトSUV『アウトランダースポーツ』(日本名『RVR』)とミッドサイズSUV『アウトランダー』のクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わる、新型コンパクトSUVである。

一方『エクリプス クロス』の米国仕様車では、三菱自動車として初めてとなるコネクティッドカーサービス「MITSUBISHI CONNECT Safeguard & Remoteサービス」を開始する。

これはトラブルが起きた際、車内のボタン操作でコールセンターに繋がり、緊急サポートセンターやロードサイドアシスタントのサポートを利用することが可能なもの。また、アプリから車内の温度設定等のリモート操作ができるようにした。

さらに『アウトランダーPHEV』は、電動化技術によってSUVの魅力を拡張させた三菱自動車のフラッグシップモデルとして出品。

モーター駆動による力強く滑らかで静かな走り、ツインモーター4WD及び車両運動統合制御システム「S-AWC」により、走行安定性に加え、駆動用バッテリーの電力を取り出し最大1500Wまでの家電製品などを利用できる給電機能を訴求していく。

関連スペシャルサイトは以下のとおり。  

『エクリプス クロス』
『エクリプス クロス』 『アウトランダーPHEV』
『アウトランダーPHEV』