三菱自動車工業、東京モーターショー2017にAI搭載のコンセプトカーを世界初披露


三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修 以下、三菱自動車)は、2017年10月25日(水)から11月5日(日)まで開催される第45回東京モーターショー2017に於いて、『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』を世界初披露する。

この車両は、同社の新たな成長と発展、これからのクルマづくりの方向性を示唆するコンセプトカーであり、MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPTの車名には、三菱自動車独自のEVの進化形(EVOLUTION)という意味を込めたと云う。

同車は、三菱自動車工業が得意とするEV技術や、四輪制御技術に代表されるSUVノウハウを一層進化させると共に、新たにAI技術を搭載したクロスオーバーSUVタイプのハイパフォーマンスEVである。

三菱自動車工業によると、その車両開発コンセプトは、乗る人の行動意欲を駆り立て、一歩先へと踏み出す気持ちを後押しするものにしたと述べている。

なお、併せて2017年東京モーターショーに関する様々な情報を発信していくスペシャルサイトを開設して、一般ユーザーのサイト来訪を呼び掛けている。

ちなみに今年の東京モーターショーは、10月25~26日13時まではプレスデー。翌日26日13時30分からは特別招待日、

27日の午前はオフィシャルデーとなっているが、同日12時30分からはプレビューデーとして公開され、完全な一般公開日は10月28日(日曜日)~11月5日(日曜日)までの9日間となっている。

三菱自動車工業・東京モーターショーオフィシャルサイト: