三菱自動車工業、純正「Android Auto」対応アプリを配信。充電スポット検索機能を拡充


三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、社長CEO:益子 修、以下、三菱自動車)は5月16日、「三菱自動車 電動車両サポート」会員専用の充電スポット検索スマートフォンアプリ「電動車両サポート」を「Android Auto」で使用できるよう機能を拡充し、Google Playでのソフトウェア配信を開始した。

同社によると、自動車メーカーとして純正「Android Auto」対応アプリを配信するのは三菱自動車が初になると云う。

ちなみに「Android Auto」は、Android TMスマートフォンと車載ディスプレイを連携させ、ナビゲーション・電話・メッセージの送受信・音楽などのスマートフォン機能にドライバーが、安全かつ簡単にアクセスするためのシステムである。

この拡張機能により、「電動車両サポート」アプリをインストールしたAndroidスマートフォンを、2017年型『アウトランダーPHEV』に設定の「スマートフォン連携ディスプレイオーディオ[SDA:Smartphone Link Display Audio]」に繋ぐと、日々更新される最新の情報を元にした充電スポットの検索や、リアルタイムの満空状態(「利用中」/「休止中」)の確認などを[SDA]の画面上でおこなうことができます。また、検索した充電スポットを「GoogleマップTM」に共有し、ルート案内の目的地に設定することも可能になる。

なお「三菱自動車 電動車両サポート」は、電気自動車「MiEV(ミーブ)」シリーズとプラグインハイブリッド車『アウトランダーPHEV』のオーナーに向けた、充電サービスをはじめとする各種サービスをパッケージにしたサポートプログラム。

「三菱自動車 電動車両サポート」概要詳細は下記サイトを参照されたい
URL: 

加えてスマートフォンアプリ「電動車両サポート」Android Auto対応バージョンの詳細は下記サイトを参照されたい
URL: