三菱自動車工業、植樹ボランティア活動団体へ電気自動車と給電装置を寄贈


mitsubishi-motors-and-exhibited-at-the-automotive-technology-exhibition20150519-3-min

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下、三菱自動車)は3月22日、東日本大震災の被災地支援を目的として「いのちを守る森の防潮堤」を築く活動を行っている「公益財団法人 瓦礫を活かす森の長城プロジェクト※」に対し、電気自動車『MINICAB-MiEV TRUCK(ミニキャブ・ミーブ トラック)』5台と、バッテリーに蓄えられた電力を取り出し給電できる『MiEV power BOX(ミーブ パワーボックス)』2台を寄贈した。

mitsubishi-motors-corporation-donated-electric-vehicles-and-the-power-supply-unit-to-the-tree-planting-volunteer-activities20160322-2 mitsubishi-motors-corporation-donated-electric-vehicles-and-the-power-supply-unit-to-the-tree-planting-volunteer-activities20160322-3

今回寄贈した『MINICAB-MiEV TRUCK』は、宮城県岩沼市、福島県南相馬市、同県相馬市、岩手県山田町にて、約13,000人のボランティアや地元住民の方々により年5回実施される植樹祭や、本年4月に宮城県内に新設される育苗施設で、苗木や給水タンクの運搬に活用されていく見込み。

また、『MiEV power BOX』は、植樹祭の音響電源や、非常時における家電製品への給電などに活用される。

三菱自動車は、同プロジェクトが、東日本大震災からの復興のみならず「災害からいのちを守る森づくり」という未来にむけた防災の一面を備えていることにも共感し、これまで2014年、2015年と同プロジェクトに『MINICAB-MiEV TRUCK』を5台無償貸与してきた。

これらの車両は、延べ18,000人のボランティアが参加した植樹祭に活用された。

参加者からは、電気自動車の力強い走りで多くの苗木や植樹道具を効率的に運べたことや、排気ガスの匂いがないことなどで一定の評価を得ている。また、宮城県岩沼市の沿岸部で行われた植樹活動に同社社員約80名が、2年間でボランティアで参加しており、今後もこの活動を継続していくとしている。

※「公益財団法人 瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」は、植生を研究する専門機関や、宮脇昭横浜国立大学名誉教授が提唱する森づくりを企業と協力し連携しながら推進している団体。

東日本大震災で被災した青森県から福島県までの沿岸部に震災で発生した瓦礫と土を混ぜた盛土を築きその上に常緑広葉樹のポット苗をボランティアと地元住民とで植樹し、10年かけて「いのちを守る森や防潮堤」を築く活動を行っている。

2012年7月6日一般財団法人として設立、2013年2月1日公益財団法人に認定。

【公益財団法人瓦礫を活かす森の長城プロジェクト】
〒104-0028 東京都中央区八重洲2-2-1 ダイヤ八重洲口ビル2階
ウェブサイトURL