三菱自動車工業、2018年12月末に本社を東京都港区芝浦へ移転

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修 以下、三菱自動車)は2018年12月末予定にて、本社を移転する。

より具体的には、現在入居している第一田町ビル(所在地:東京都港区芝五丁目33番8号)の建て替えに伴い、田町駅芝浦口に建設中のmsb Tamachi 田町ステーションタワーS(所在地:東京都港区芝浦三丁目118番8他(地番))に移転する予定という。

移転に際しては、当社にとって最適なワークスペースを構築し、社員の生産性・パフォーマンス向上、モチベーション向上に繋がる取り組みを進めるとしている。

社内改革の象徴として、今後部門横断的なプロジェクトチームを立ち上げて、ボトムアップ型で新しいオフィス環境作り、ならびに業務改革を進める考え。

なお、これまで当社は働き方改革として、有給休暇取得促進、プレミアムフライデーの推進、一斉定時退社日の設定、在宅勤務の推奨などに取り組んできたが、本社移転を契機にIT環境・ITツールを充実させる。

これにより、在宅勤務などをより一層浸透させ、育児や介護をする社員だけでなく、一人ひとりのライフイベントやライフスタイルにあわせ易い、環境を整備し、ダイバーシティ推進を加速していく構えと云う。