三菱自動車工業、「RVR」のフロントデザインを精悍なイメージに一新。インテリアもスポーツ感を付与

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、社長・CEO:益子修、以下、三菱自動車)は、コンパクトSUV「RVR」のフロントデザインを一新し、全国の同社系列販売会社を通じて2月16日(木)から販売を開始する。

新型「RVR」の車両本体メーカー希望小売価格は2,058,480円~2,487,240円(消費税込)となる。

1.新型「RVR」の主な変更点は以下の通り

(1)エクステリア
乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」を採用。

パワートレインの性能を象徴する中央のブラックフェイスを、バンパーの左右コーナー部とアンダーガードの3方から包み込むようなプロテクト形状とし、より精悍でスポーティなフロントフェイスとした。
併せてルーフアンテナをスタイリッシュなシャークフィンタイプに変更した。

(2)インテリア
上級グレード「G」のシート生地を変更し、レッドステッチをあしらうことでスポーティ感を演出した。

2.メーカー希望小売価格は以下の通り