三菱自動車工業、岡崎地区の「三菱オートギャラリー」をリニューアルオープン

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、社長CEO:益子 修、以下、三菱自動車)は、岡崎地区の技術センター内にある展示施設「三菱オートギャラリー」を全面的にリニューアルし、22日にオープンした。

「三菱オートギャラリー」は、“往年の名車”や競技参戦車、エンジンなどを展示する施設として1989年に開設された。以来、地元の小学生をはじめ、国内外の多くのステークスホルダーが訪問し、同社のブランド価値を高めてきた。

今回のリニューアルでは、展示スペースを「三菱の自動車のはじまり」「時代を駆け抜けた車たち」「極限に挑戦した車たち」の三つのゾーンに再編。喫茶スペース「MAG café(マグカフェ)」も新たに設けた。

その主な展示内容は以下の通り
(1)「三菱の自動車のはじまり」・・・日本初の量産乗用車として誕生した『三菱A型』をはじめ、後の自動車生産の基盤となる三輪車やスクーターなどを展示

(2)「時代を駆け抜けた車たち」・・・高度経済成長期を経て世の中が豊かになり、個性的でスポーティーなモデルへの要望が高まる中で登場した『ギャランGTO』をはじめとするGT・スペシャリティーカーなどを展示

(3)「極限に挑戦した車たち」・・・第1回日本グランプリ自動車レースやパリ・ダカールラリーへの参戦など「ラリーの三菱」の名を世界に刻むことになる挑戦の歴史を紹介

三菱オートギャラリー 概要
名称:三菱オートギャラリー
所在地:愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地
(技術センター内 技術本館1F)
開館時間 :月~金 8:15~17:15 (12:30~13:30を除く) ※要予約
休館日:土・日曜日および当社休業日(夏季連休、冬季連休等)
入場料:無料
予約・問い合わせ先:0564-32-5203