三菱自動車工業、燃費不正該当車の検索システムを提供へ


mitsubishi-motors-and-exhibited-at-the-automotive-technology-exhibition20150519-3-min

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下、三菱自動車)は、同社ブランドの軽自動車を除く車両について、燃費試験不正行為に該当車両かどうか、ユーザーが自ら検索できる「対象車両検索システム」の運用を開始した。

mitsubishi-motors-announced-the-personnel-changes-in-the-senior-executive20160525-1

なお対象車両の場合、同社からの「お詫び」として、対象車両1台につき3万円が支払われる。なお検索対象車は、2016年6月17日時点で、以下車種の一部の年式・型式の車両保有ユーザー(自動車検査証記載の使用者)

  • パジェロ
  • RVR
  • 旧型アウトランダー
  • ギャランフォルティス / ギャランフォルティス スポーツバック
    コルト / コルトプラス

mitsubishi-motors-corporation-to-provide-a-search-system-of-fuel-consumption-fraud-corresponding-car20160626-1

三菱自動車工業では、「当社製車両の燃費試験における不正行為に関し、お客様はじめ多数の皆様にご迷惑とご心配をお掛けしておりますことを、改めて深くお詫び申し上げます。

6月17日の記者会見で、軽4車種に加え、現行販売車2車種、販売終了車3車種の合計5車種の一部年式・型式にお乗りのお客様に対しまして、お詫びとして対象車両1台につき3万円をお支払いすることを発表いたしましたが、本日、対象車両を検索いただけるシステムの運用を開始いたしましたので、お知らせいたします」と述べている。

「対象車両検索システム」