三菱自動車工業、インドネシアでエクスパンダーの生産を拡大

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、取締役CEO:益子修)は8月7日、インドネシア共和国の乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(所在地:西ジャワ州ブカシ県、以下、ブカシ工場)で生産する次世代クロスオーバーMPV『エクスパンダー』の生産を拡大することを発表した。

今年4月に輸出を開始したエクスパンダーは、2018年度に約10万台を生産する計画としていたが、各国から計画を上回る受注・要望を獲得したことを受け20%増の約12万台に増産する。

なおエクスパンダーは当地に於いて昨年8月から受注を開始して以降、2018年6月末までのインドネシア国内の受注台数は8万台以上となった。また今年3月にインドネシアの販売台数ランキングで1位となった他、自動車専門紙OTOMOTIF社からカー・オブ・ザ・イヤー2018を受賞している。

このため当地のブカシ工場では、インドネシアの国内需要拡大と輸出開始に伴い溶接や組立工程などの投資を実施。7月よりエクスパンダーの生産台数を月1万台に増産して更なる生産能力向上を図る。

またこれによってインドネシア国内市場の需要を満たすと共に、輸出拡大による更なる需要増に向け、2019年度のエクスパンダーの生産台数15万台を目指し、さらなる生産能力向上を継続して行っていく。

同計画について益子修CEOは「インドネシアやASEAN市場のお客様にエクスパンダーが受け入れられていることを大変嬉しく思います。より多くのお客様にいち早く『エクスパンダー』をお届けできるよう、今後も尽力してまいります」と話している。