三菱自動車、ミラージュをモデルチェンジして発売

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:相川哲郎、以下、三菱自動車)は、コンパクトカー『ミラージュ』をマイナーチェンジし、2016年1月14日(木)から全国の系列販売会社を通じて販売を開始する。

mitsubishi-motors-launched-by-model-change-the-mirage20151217-9

車両本体のメーカー希望小売価格は、1,380,240円~1,485,000円(消費税込)。

mitsubishi-motors-launched-by-model-change-the-mirage20151217-5

『ミラージュ』は、「低燃費」「扱いやすさ」をコンセプトとしたコンパクトカーで、今回のマイナーチェンジでは、スポーティ感と質感を高めた内外装の他、お客様からご要望の多い予防安全技術「e-Assist(イーアシスト)」を全車に採用するとともに、アイドリングストップ機構「オートストップ&ゴー(AS&G)」にコーストストップ機能を追加、また、エンジンフリクション低減などにより「低燃費」に磨きをかけながら、お求めになりやすい価格設定とした。

mitsubishi-motors-launched-by-model-change-the-mirage20151217-1

『ミラージュ』は、「低燃費」「扱いやすさ」をコンセプトとしたグローバルに展開するコンパクトカーとして2012年に発売。軽量&高剛性ボディに3気筒MIVECエンジンとINVECS-III CVTを搭載し、アイドリングストップ機構「オートストップ&ゴー(AS&G)」などの低燃費化技術により、優れた燃費性能と、きびきびとした軽快な走りを実現している。
今回の改良では、お客様からのご要望の多かった予防安全技術「e‐Assist」を採用するとともに、内外観・走りの質感を向上させた。

mitsubishi-motors-launched-by-model-change-the-mirage20151217-4

【主な変更点】
(1)グレード展開
動力性能と燃費性能に優れる、1.2L MIVECエンジン搭載車のみとしました。
上級装備の「G」と充実装備の「M」の2グレード展開とし、いずれも予防安全技術「e-Assist」を標準装備しました。

 

(2)デザイン
<エクステリア>
ボリューム感のあるボンネットフード、クロームメッキで加飾した上質感のあるアッパーグリルとロワーグリル、下部にエアダム形状を配したスポーティなフロントバンバーを採用し、従来よりもスポーティで上質なフロントフェイスとした。

さらにライトチューブ式LEDポジションランプを組み込んだ省電力ディスチャージヘッドライトを「G」に採用した。

ロー&ワイドな印象を与える大型リヤバンパー、存在感のあるLEDリヤコンビランプ、優れた空力性能と後方視認性を両立する新形状のルーフスポイラーを採用。
ホイールでは、ブラック塗装&切削光輝仕上げの、上質な15インチアルミホイールを採用。スポーティな8本ツインスポークのラウンドリムタイプとしている。

ボディカラー展開を見直し、ワインレッドパール*1、サンライズオレンジメタリック*1を新たに設定した。*1 有料色 32,400円(消費税込)

mitsubishi-motors-launched-by-model-change-the-mirage20151217-8

<インテリア>
ステアリングホイール及びスポークの一部をピアノブラック&メッキ加飾として上質感を向上させたリモコンスイッチ付きの本革巻ステアリングホイールを「G」に採用。メッキリングをあしらった、高輝度常時透過照明点灯タイプのメーターを採用している。

「G」はブラック内装とし、シートのサイドにステッチを採用しました。「M」はブラック&アイボリー内装とし、それぞれ質感を高めた新デザインのシートを採用。
ラゲッジフロアに分割収納が可能なカーゴフロアボックスを採用して収納性を高めたほか、後席シートバックを前倒しした際にラゲッジフロアをフラットに出来るなど、積載性を向上させている。

(3)予防安全技術「e-Assist」
低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM-City」と誤発進抑制機能(前進時)を標準装備とした。

低車速域衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM-City」は、約5km/h~約30km/hの低速走行時に、レーザーレーダーが前方車両を検知し、衝突の危険があるときは、ブザー音とメーター内の警告灯で注意喚起するとともに、自動ブレーキで衝突の回避または衝突被害の軽減を図る。

mitsubishi-motors-launched-by-model-change-the-mirage20151217-3

「誤発進抑制機能(前進時)」は、停車~約10㎞/h以下の走行時に、レーザーレーダーが前方(約4m以内)に車両や障害物を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスによって、アクセルペダルを素早く、強く踏み込んだときは、ブザー音とメーター内の警告灯で注意喚起するとともに、エンジン出力を抑制。発進をゆるやかにし、衝突被害の軽減を図る。

(4)燃費性能・走行性能・乗り心地
アイドリングストップ機構「オートストップ&ゴー(AS&G)」に、減速時(約13km/h以下)からエンジンを停止させるコーストストップ機能を採用し、低フリクションタイプのタイミングチェーンや冷気を導入するダクトを追加するなど、細部にわたる改良により、燃費を+0.4km/Lの25.4km/L(JC08モード燃料消費率)に向上させた。

mitsubishi-motors-launched-by-model-change-the-mirage20151217-2

サスペンションは、リヤスプリングのバネ定数と、フロント及びリヤショックアブソーバーの減衰力を最適化し、ボディ側の取付部の剛性を高めたことで、操縦安定性と走りの質感を向上させている。

電動パワーステアリングの制御を改良し、より自然な操舵感を実現。ステアリングを戻す方向のフィーリングを改善。

CVTのクラッチ制御を改良し、駆動トルクを遮断することでアイドリングストップ後のエンジン始動時のショックを抑制している。また、ダウンシフト制御も見直して、中間加速時のレスポンスを向上させた。

(5)メーカー希望小売価格mitsubishi-motors-launched-by-model-change-the-mirage20151217-10