三井住友海上、薬師丸ひろ子が早春賦を歌う新CM・2月4日(土)よりオンエア


三井住友海上火災保険株式会社(本店:東京都千代田区、社長:原 典之 以下、三井住友海上)は、薬師丸ひろ子が「早春賦」を歌う新CM 「花びらの笑顔篇」 を2月4日(土)より全国でオンエアを開始する。

fieldcasterjapan:

新CMは、「心にまで向き合う、事故対応」をテーマとしたもので、事故に遭い不安に思う家族に、安心と笑顔を届けるコンセプト。なお今回、女優・歌手として活躍する薬師丸ひろ子さんが、CMソングで初めて歌を挿入するものとなった。

歌唱を担当した薬師丸ひろ子さんは、「早春賦は、唱歌として長く歌われてきた曲ですが、メロディーが大変美しく私も大好きな曲です。

この曲を作られたのは、中田喜直さんのお父様である中田章さんですが、中田喜直さんには、以前曲を提供して頂いたこともありましたので、何かご縁を感じますし、大変嬉しく思いました。

多くの方にとって一度は耳にしたことがある曲だと思いますので、その分難しさや緊張もありました。

そんな中で、この曲の特徴であるメロディーの美しさ、優しさを大切にしながら、このコマーシャルをご覧になる方に歌でそっと寄り添えれば良いなぁと心を込めて歌いました。 多くの方に想いが届けば嬉しいです」とコメントしている。

薬師丸 ひろ子 東京都出身。女優、歌手。
映画「野性の証明」(1978年)で女優デビュー。歌手デビューは主演映画主題歌「セーラー服と機関銃」(1981年)。その後、映画の主演と主題歌の歌唱により「探偵物語」「メインテーマ」「Woman“Wの悲劇”より」など数々のヒットを記録。2000年代に入り、映画「木更津キャッツアイ」「ALWAYS三丁目の夕日」、ドラマ「あまちゃん」「百合子さんの絵本~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争~」や数々の舞台出演を通じて、日本を代表する女優として高い評価を得ている。近年は、コンサートや歌番組出演など、精力的な音楽活動も実施中。