光岡自動車、取扱車両への回転式シート普及・後付けを促進


株式会社光岡自動車(本社:富山県富山市、代表取締役社長:光岡章夫)は、同社が主力とするコンパクトセダン「Viewt」(ビュート)に、クルマへの乗降をサポートする回転式シート搭載車を導入し、6月22日より販売する。

この回転式シートの導入は、同社の『自由なクルマ選びを楽しめる環境づくり』を目指すスタンスに添ったものだと云う。

具体的には、同社営業企画担当執行役員の渡部稔氏によると、「これまでにもお客様から、買いたいクルマがあっても乗れないから諦めてきたという声を多く耳にいたしました。

『自動車の購入を検討する際、車種やグレードを限定せずに選択したい』 『ずっと大切に、いつまでも乗り続けたいクルマがある』 『自分の車で好きな場所へ行きたい』 などの希望にお応えするため。

またもっと自由にクルマを選べて、カーライフの喜びを感じて頂ける当社の取り組みの第一弾として、さらには『手作りの温もりと想いが詰まったクルマは、人生に楽しさや、彩りをそえる』とするかねてよりの当社の想いのなか、この度、回転式シートの導入を決定いたしました。

また今日をひるがえてみますと日本の自動車マーケットでは、オーナー様が『好きなクルマを選び、必要機能は後から追加する』といった当たり前のクルマ選びの環境が浸透しておらず、一方で光岡自動車のお客様は、年齢の高い世代も比較的多いことから、中には、人生最後のクルマとして当社の車両をご購入頂く層も少なくありません。

一般に回転式シートは、怪我や身体の不都合で感じる不自由さを解消するための装備というイメージがありますが、お着物を着用しての乗り降りなどを筆頭に、ミツオカ車でのカーライフを、これまで以上に楽しんで頂くための機能としてご選択頂き、ご使用下さればと考えております」と語っている。

「Viewt」(ビュート)用 回転式シート。写真は「電動式・レザー」タイプとなる

ちなみに今回、光岡自動車が導入するのは、スウェーデンに本社がある「オートアダプト社」製の回転式シートとなる。

導入にあたっては、同社製シートの日本国内に於ける輸入元である「株式会社オフィス清水(本社:東京都荒川区、代表取締役:清水深)」と、業務提携契約を締結して導入を果たす。

同社製シート選択に至った最も大きな利点は、既存「Viewt」(ビュート)全グレードに取り付けられることに加え、不要になった時には、すべてを取り外して、元の状態に戻せることにあると云う。このため販売車両、回転式シート共にリユースが可能としている。

先の同社・渡部稔氏は、「『怪我が原因で、愛車を手放さなければいけなくなった』、『自分の条件に合った補助機能を持ち合わせた魅力的なクルマが見当たらない』『親子世代でクルマを引き継ぎたい』など、過去に当社が伺ったオーナー様の声が、多種多様な車両に取り付け可能なオートアダプト社製・回転式シートの導入に繋がりました。

オートアダプト製回転式シートの受付は、光岡自動車・東京ショールームより開始いたします。

また、回転式シートはあくまでも取り付け製品の一例で、今後も光岡自動車では、より自由なクルマ選びが楽しめる環境づくりを目的として、ステアリングデバイスや、アクセリング&ブレーキレバーなどの導入を進めていく他、他のラインアップ「Ryugi」(リューギ)、「Galue」(ガリュー)などへの拡充も図る予定です」と結んでいる。

「Viewt」(ビュート)用 回転式シート商品概要
販売開始:平成29年6月22日(木)
受付拠点:株式会社光岡自動車 東京ショールーム (東京都世田谷区桜丘 4-26-8 TEL.03-5451-3511)
販売価格(消費税8%込み):
手動式/¥648,000
電動式/¥842,400
※上記価格はシート生地がファブリックの価格。レザー生地は別途費用追加となる。

オートアダプトAB輸入元・株式会社オフィス清水の会社概要
会社名:株式会社オフィス清水
所在地:〒116-0013 東京都荒川区西日暮里 2-1-14
代表者:代表取締役 清水 深(シミズ アツシ)
電話番号:03-6902-0201

問合せ先
MITSUOKA 東京ショールーム 03-5451-3511 (受付時間 10:00~19:00)
光岡自動車Webサイト: