モルフォ、デンソーと次世代画像認識システム向けDNNアルゴリズムを共同開発


株式会社モルフォ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平賀 督基、以下 モルフォ)と株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:有馬 浩二、以下 デンソー)が、共同で研究開発を進めてきたDeep Neural Network(DNN)による画像認識技術のアルゴリズムが、今後の高度運転支援および、自動運転技術の実現に向けた次世代の画像認識システムに応用されていくと公表した。

このDNNとは、機械学習分野で深い階層を持たせることができるニューラルネットワークを指している。昨今このDNN技術により、従来型の機械学習では困難だった画像や音声などの高精度認識が可能となってきた。

例えば、今後加速すると見られている自動運転の実現に向けて、様々な障害物や標示。さらに車両が走行するための前方のフリースペースを認識・確保していくこと。また危険が予想されるシーンの認識など、自動運転中は、様々な状況の変化を自動車が自ら認識していくことが必要となる。

こうした領域でモルフォとデンソーは、自動車の電子ミラーの開発などで、安心で安全なクルマ社会を実現していくとしている。

【株式会社モルフォ】
所在地:
東京都千代田区西神田3丁目8番1号
千代田ファーストビル東館12階
代表者: 代表取締役社長 平賀 督基(まさき)【博士(理学)】
設立: 2004年5月26日
資本金: 1,518,089千円(2016年10月31日現在)
事業内容:
画像処理技術の研究開発および
製品開発ならびにライセンシング
ホームページ:
Facebook: