富士山二合目のスキー場「イエティ」、米国製6人乗りホバークラフトを日本初導入。2月9日営業開始


大正15年設立の富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、代表取締役社長:堀内 光一郎)は、富士山南麓二合目のスキー場「スノータウン イエティ」(静岡県裾野市)に於いて、2月9日(木)から日本初登場となるアクティビティ「ホバークラフト」の営業を開始する。

ホバークラフトは、空気の力で浮上し、平坦であれば雪・水・土・芝など地質に関係なく縦横無尽に走行できる乗り物で、国内では大分県で、2009年まで旅客用に定期運航されていたものを最後に、一般には乗車機会のない乗り物となっていた。

しかし今回、日本国内では約7年半ぶりにレジャー施設のアトラクションとして復活する。

富士山南麓二合目のスキー場「スノータウン イエティ」での導入が決まったホバークラフトは、全長約5mのモーターボートのような形状の乗り物で、一度に6名が乗車可能(うち1名はパイロット)。

体験者は、ヘッドセットを装着して車両に乗り込み、エンジンや巨大なファンから出る大迫力のサウンドとともに、滑るように進む“新感覚”の浮遊・走行体験を愉しむことができる。

ホバークラフトの体験場所までは、特殊8輪駆動車が牽引するトレーラーに乗って移動。

富士急行によると、雄大な富士山をバックに凸凹だらけの茂みの中を、ヘルメットを被り、振り落とされそうになるのを耐えながら進むスリル満点の体験が満喫できると云う。

このトレーラーによる移動と、ホバークラフトがセットになった“新感覚”のアクティビティは、スキー・スノーボードをしない非アクティブな顧客も十二分に愉しめるアトラクションであるとする。

同社では、「ホバークラフトに乗車できる日本で唯一のスポット・スノータウン イエティ(※1)にご注目ください」と来場・アトラクション体験を呼び掛けている。(※1)レジャー施設のアトラクションとして唯一・同社調べ。

【ホバークラフト 営業概要】
1.営業期間:2017年2月9日(木)~4月9日(日)※予定
2.営業時間:10:00~16:00
※天候等により予告なしに変更する場合もある。
3.営業エリア:ホバークラフト(約2万㎡:サッカーコート約5面分)
4.所要時間:30分(ホバークラフトの乗車時間 約3分)
5.料 金:2,500円(おとな・こども・シニア共通)
6.乗車定員:5名+パイロット1名
7.最高速度:雪上45km/h、芝生64km/h
8.メーカー:Neoteric社製(アメリカ)

スノータウン イエティの営業概要
1.営業期間:2016年10月21日(金)~2017年4月9日(日)*期間中無休。但し、天候等により予告なしに休場する場合がある。また積雪状況により、営業期間の変更を行う場合がある。
2.所 在 地:静岡県裾野市須山字藤原2428(富士山南麓・標高1,300~1,450m)
3.営業時間:平日9時~22時(土・休日8時~22時)
*日・祝、振替休日は休日扱い
*オールナイト営業日:11/26~3/18の土曜日及び12/23、1/2、1/8(全20日間)
4.料 金:
レギュラー期間(営業開始~3/20)
一日券 平日 大人3,500円、こども・シニア2,500円
一日券 土休日 大人4,000円、こども・シニア3,000円
ナイター券 全日 大人2,500円、こども・シニア2,000円
スプリングキャンペーン期間(3/21~4/9)
一日券 全日 大人2,500円、こども・シニア2,000円
ナイター券 全日 大人2,000円、こども・シニア1,500円
*おとなは中学生以上、こどもは3歳~小学生、シニアは60歳以上(要証明)が対象。
*1日券は22時まで有効。ナイターは16時以降の入場。
*オールナイト営業時、一日券の来場は22時以降は別途ナイター券が必要。
*オールナイト営業時、ナイター券利用の場合は翌朝8時まで有効。
5.WEBサイト: 
6.問合せ先:TEL:055-998-0636