トヨタ紡織、シリコンバレーオフィスを新設

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

toyota-boshoku-corporation-and-contributed-donations-to-the-affected-areas-of-typhoon-no-1820151005-1

自動運転や移動空間に関する先進技術の調査活動を強化

トヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、取締役社長:石井克政)は、2016年4月アメリカのシリコンバレーに「トヨタ紡織アメリカ※ シリコンバレーオフィス」を新設し、自動運転や移動空間に関する先進技術の情報調査・分析活動をさらに強化する。

なお本来、同社の主力製品は、シートなどの自動車のエクステリア関連製品の開発だが、この新設されるシリコンバレーオフィスは、トヨタ紡織アメリカのR&Dセンター組織としてトヨタ紡織・日本本社の基礎研究所や、自動運転に関わる取り組みなどトヨタグループとして世界各地域に設ける最新鋭のR&Dセンターとも連携していく。

当初の稼働は3人体制だが、自動運転技術の進展により快適性はもとより、着座方向のアレンジメントなどを筆頭に、空調関連機器のチューニングなど、多様かつ柔軟な開発体制が求められるようになる。

トヨタ紡織グループは、「新規ビジネスの創出を迅速かつ効率的に提案できる体制を築き、将来を見据え、世界中のお客様のニーズに応える製品・技術開発を目指します」と語っている。

シリコンバレーオフィスの概要
1.名称:トヨタ紡織アメリカ シリコンバレーオフィス
2.所在地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンノゼ市
3.運営開始日:2016年4月1日
4.人員:3名
5.業務内容:自動運転や移動空間などの先進技術に関する情報調査・分析の強化
※トヨタ紡織グループの米州地域統括会社