NEXCO3社、SA・PAのWi-Fiサービスを刷新。利用制限を見直してより便利・快適に


東日本、中日本及び西日本高速道路株式会社(以下、「NEXCO3社」)は、現在、ソフトバンク株式会社(東京都港区)と連携してサービスエリア(SA)・パーキングエリア(PA)の施設内で展開中の公衆無線LAN(Wi-Fi)サービスを平成29年3月1日より順次、新サービスに切り替えて提供を開始する。

これまでは、無線LANサービス利用時には各高速道路会社のWi-Fiサービス毎にアカウントを取得する必要があったが、新サービスでは1回の登録でNEXCO3社共通のご利用が可能となる。

また、これまでの利用制限(1回あたり15分、1日3回まで)を廃止するほか、これまで日本語と英語のみ対応していた利用画面については、韓国語、中国語(簡体字)及び中国語(繁体字)にも対応できるようになる。

さらに、これまでのメールによる登録手続き※に加え、電話認証による手続き(専用電話によるパスワード取得)も導入する。

なお、現在利用中のアカウントは、新サービス移行により、利用できなくなるため、新たにアカウント登録を呼び掛けている。※国内携帯電話キャリア各社が提供するメールでの登録に限られる。

<新たなサービスの特徴>
(1)NEXCO3社のWi-Fiサービスが1つのアカウントで利用可能になる。
NEXCO3社が各社の運営するSA・PAで、それぞれ提供する「E-NEXCO Wi-Fi SPOT」、「C-NEXCO Free Wi-Fi」及び「W-NEXCO Free Wi-Fi」について、これまで各社のサービス毎にアカウントを取得する必要があったが、今後は1つのアカウントでNEXCO3社の同Wi-Fiサービスを利用することが可能になる。

(2)利用制限の廃止
これまで1日3回、1回あたり15分までだった利用条件について、新サービスは回数・時間無制限で利用が可能になる。

(3)利用画面を多言語化
これまで日本語及び英語のみ対応していたWi-Fiサービスログイン時の利用画面が、日本語、英語、韓国語、中国語(簡体字)及び中国語(繁体字)の5言語に対応できるようになる。(顧客利用の通信機器端末で言語設定により、利用画面の言語が変わる)

なお、訪日外国人対象に、ソフトバンク株式会社が提供する訪日外国人向け無料Wi-Fiサービスの「FREE Wi-Fi PASSPORT(SSID: .FREE_Wi-Fi_PASSPORT)」も継続して利用可能とする。※「FREE Wi-Fi PASSPORT」詳細: 

(4)電話認証によるアカウント登録手続きを開始
携帯電話から専用電話番号に電話して、アカウント登録のためのパスワードを取得することができるようになる。【専用電話番号 022-207-8181】※パスワード取得にかかる通話料は利用者の通信契約に応じた通話料が発生する。(通話し放題プランなどの契約者は無料)

(5)その他
*利用可能な端末: Wi-Fi機能が搭載されたパソコン、スマートフォン、タブレット端末等
*利用方法: 初回ご利用時に、ID・パスワードの発行手続が必要となる。(別紙参照)
*利用料金: 無料
*SSID:NEXCO_FREE_Wi-Fi
*サービス名称・ロゴ:現在各社で使用しているサービス名称、ロゴは継続。

※利用可能なSA・PAにはステッカーが貼付されている。なお、利用可能箇所につきましては各社サービス紹介ページを閲覧されたい。

<サービス開始時期>
平成29年3月1日より、各SA、PAにて順次新サービスへの切り替えを行う。

切り替えが完了した箇所について、各社のホームページで通知していく。なお、全箇所の切り替え完了時期は平成29年3月末を予定している。

<サービス利用にあたっての注意点>
・現在利用のアカウントは新サービス移行に伴い利用できなくなる。新サービスご利用時に、新アカウント登録を行われたい。

・アカウントの有効期限は、90日間。期間経過後は、新規登録と同様に再度登録手続きを実行する必要がある。

・現在実施中の「事前登録システム」は新サービス移行に伴い廃止する。ただし、携帯電話から電話認証(専用電話022-207-8181)によるパスワード取得は、携帯電話がかけられる環境であればいつでも可能。

【サービス紹介ページ】
NEXCO東日本  
NEXCO中日本  
NEXCO西日本