日産、「デイズ」「デイズ ルークス」のユーザー補償を発表

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は23日、「デイズ」および「デイズルークス」の新届出燃費値の確定に伴い、「デイズ」および「デイズ ルークス」のユーザーへの補償を以下の通り決定し、実施することを発表した。

(1)対象となるユーザー
「デイズ」、「デイズ ルークス」を2016年4月21日迄に使用しているユーザー(自動車検査証に記載の使用者)

(2)補償の内容
<支払い金額(1台あたり)>

A.以下B.C.D.以外のユーザー:10万円

B.残価設定型クレジットを利用のユーザー:契約年数に1万円を乗じた額。 但し、現契約終了時に買取(現金一括又は再分割)をする場合は、現契約終了後に「10万円」から「契約年数に1万円を乗じた額」を差し引いた額を支払う。

C.リースにて利用のユーザー(2016年4月21日迄にリース契約をご締結したユーザー):契約年数に1万円を乗じた額。但し、現契約満了時に車両買取権を行使する場合は、現契約満了後に「10万円」から「契約年数に1万円を乗じた額」を差し引いた額を支払う。

D.過去(2016年4月20日以前)に使用していたユーザー:使用年数に1万円を乗じた額。

<支払い金額の考え方>
・新届出燃費値と旧届出燃費値との差による燃料代の差額
・今後の車検時等に想定される自動車関連諸税の増額分
・迷惑をかけたお詫び

(3)その他
新届出燃費値と旧届出燃費値との差異により、購入時の減税ランクに差が生じ、追加納税義務が発生した場合は、三菱自動車工業株式会社が対応する。

顧客の対応
本件に関する顧客からの問い合わせに対して、以下専用窓口を「お客さま相談室内」に設置した。
お客さま相談室:0120-787-217(受付時間9:00~17:00)

補償の具体的な手続きについては、2016年7月下旬を目途に、ダイレクトメールや同社ホームページ等にて案内していく予定としている。