日産、上海でEVセダンのインフィニティQsインスピレーション発表


インフィニティの将来の電動化モデルをプレビューするコンセプトカー

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は4月16日、上海モーターショーで電動化時代に向けてデザインされた新しいスポーツセダンコンセプトカー、インフィニティ「Qsインスピレーション」を初公開した。

同車により日産は、高く設定されたドライビングポジションと高性能の電動四輪駆動パワートレインでスポーツセダンの新たなる展望を示した。

インフィニティは今後、全ラインナップを通して電気自動車、あるいは「e-POWER」搭載車を投入していく計画であるとしている。

インフィニティ・エグゼクティブデザインダイレクター、カリム ハビブ氏が率いるデザイナーチームによって創られた「Qsインスピレーション」コンセプトは、今後の電動化を見据えたインフィニティの新たなデザインランゲージを表現したものだと話す。

今回の「Qsインスピレーション」は、電動化に取り組むインフィニティの生産モデルをプレビューするデザインであるとし、存在感のある新しいエクステリアとラウンジのような広いインテリアにより、伝統的な「3ボックス」セダンデザインを再解釈したとも述べている。

日本の著名な建築家 隈 研吾氏とのコラボレーションによりデザインされた展示ブース

このコンセプトカーは、インフィニティの持つ「日本のDNA」からインスピレーションを受けており、日本の著名な建築家、隈 研吾氏と共に新たにデザインした展示スペースにて公開された。

日産自動車のグローバルデザインを担当する専務執行役員アルフォンソ アルバイサ氏は「デザインを担当する者として、私たちは常にエンジニアの技術や、私たちのDNAの一部をなす日本のデザインの力からインスピレーションを受けています。

ここ上海では、その挑戦に共に参加してくれる仲間がいます。今回、隈 研吾氏を『先生』として迎え、インフィニティの新たなデザインランゲージを表現することにお力添えいただけたことを非常に光栄に思います。

これまでにない見た目の美しさ、調和、そしてイノベーションを形にした隈氏デザインによるインフィニティのブースをここ上海で披露します」と語った。

インフィニティ、初となる次世代電動化車両を中国市場向けに、中国で生産へ

またこの「Qsインスピレーション」の公開と同時に、インフィニティは、同ブランド初となる電動化車両を中国市場向けに、中国で生産することも発表した。

インフィニティ モーター カンパニー社長のクリスチャン ムニエ氏は「中国は、世界的に見て、電気自動車の成長が最も期待されるマーケットです。これは特にプレミアムセグメントにおいて顕著です。

電動化の時代は、成長を続けるこの刺激的なマーケットにおいて、インフィニティが『革新的で挑戦をやめないブランド』であることを再び証明する機会を与えてくれます。

インフィニティは今後、先進パワートレイン搭載モデルを順次市場投入していきます。Qsインスピレーションコンセプトは、そのひとつである次世代電動化モデルの先駆けとなります」という。

またムニエ氏はショー会場の壇上で「電動化時代は、安心感と感動的なドライビングエクスペリエンスを実現する高性能 環境性能が高いモデルを通じて、グローバルにインフィニティブランドを刷新する機会となります」と同発表を結んだ。

「Qsインスピレーション」コンセプト詳報