日産自動車、CES2019で「見えないものを可視化する技術」を出展


日産自動車、CES2019でインビジブルtoビジブル技術を1月4日発表へ

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を体現する最新の商品と先進技術を米国・ラスベガスで2019年1月8日~11日に開催されるCES 2019に出展する。(日産ブース:北ホール 6906)

日産自動車ニュースルーム CES 2019特設ページ
 

日産自動車、最新の「ニッサン インテリジェント モビリティ」技術をCES 2019に出展

現段階での出展概要は以下の通り。
– 「見えないものを可視化」する新しいコネクテッド・ドライビング
– 米国初公開となる新型電気自動車(EV)レーシングカー「NISSAN LEAF NISMO RC」
– EV を中心としたエコシステムを構築し、EV の持つ魅力をさらに向上させるソリューション「Nissan Energy(ニッサン エナジー)」のデモンストレーション
– EV のクロスオーバーコンセプトカー「ニッサン IMx KURO」

また同社は以下の各種 SNS で、CES 2019 の最新ニュースを配信する。

Twitter:

Instagram:
 
YouTube:
 
LinkedIn:
 
ハッシュタグ:
#Nissan #CES2019

Weightymattersの関連記事
日産自動車、CES2019でインビジブルtoビジブル技術を発表(2019年1月4日掲載)