日産自動車、グローバル人事システムに「Workday HCM」を導入


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン、以下、日産)と、Workday, Inc.(NYSE: WDAY、以下米国ワークデイ)は5月18日、日産が刷新を進めるグローバル人事システムに、クラウド型人事ソリューション「Workdayヒューマン キャピタル マネジメント(以下、Workday HCM)」を導入したと発表した。

nissan-motor-co-ltd-introduced-the-workday-hcm-to-the-global-hr-system20150518-1

本件は、日系グローバル企業がWorkdayを導入する初めての事案であり、これにより日産は、国内における既存Workdayユーザー数百社に新たに加わることになる。

日産は、グローバル事業の拡大に伴い、人事面においてもプロセスの共通化を推進するため、全世界でWorkday HCMの導入を順次進めている。

昨年10月には、日本での本稼働を開始。これまで各国で異なっていた人事システムをWorkday HCMに一元化することで、グローバルレベルでの従業員情報の可視化、自社の優秀人財をデータベース化した人財プールの構築、および競争力の源泉のひとつでもあるダイバーシティのさらなる強化を進めていく。

日産でグローバル人事を統括する専務執行役員のアルン バジャージュ氏は、「Workday HCMを導入することで、より戦略的な人事への転換に向けた大きな一歩を踏み出すことができます。

まずはWorkdayでベストプラクティスとされるビジネスプロセスをもとに、全世界で人事業務の共通化を図りながら、Workday上に一元化されるリアルタイムの従業員情報をもとにグローバルでの人財の育成やアサインメントを実現し、ビジネスの進展に大きく貢献していきます」と、意欲を語った。

また、同社でグローバルIS/IT担当の常務執行役員である行徳セルソ氏は、今回導入したプロジェクトについて、「Workday HCMは、大規模な導入だったにも関わらず、スケジュール通りに本稼働させることができました。

Workday HCMの導入により、クラウドを利用した最新のテクノロジーと柔軟性を享受できるようになりました。将来的には、グローバルでの人財マネジメントを実現していきます」と述べた。

米国ワークデイ 共同社長のフィル・ウィルミントン氏は「日産のグローバル人事に貢献することで、同社のグローバルでの事業拡大を支援できることを大変嬉しく思います。

また、今回初めて、日本企業がWorkday HCMを稼働したことにより、Workday HCMが日本特有の人事異動制度等にも対応することができると証明できました。

ワークデイは今後も、日本に拠点をもつお客様のニーズを汲み取りながら、グローバルシステムの導入を支援し続けてまいります」とコメントした。

Workday, Inc.(米国ワークデイ)について
米国ワークデイはクラウド型財務・人事用エンタープライズ アプリケーションプロバイダ。

2005年に設立された米国ワークデイは、世界最大規模の企業、教育機関、官公庁などの組織で使用されることを念頭に設計されたヒューマンキャピタルマネジメント(HCM)、ファイナンシャルマネジメント、および分析用アプリケーションを提供しており、中規模企業からフォーチュン50社にランクインする大企業にまで数百におよぶ組織が導入している。

米国ワークデイ(英語):
ワークデイ(日本語):