日産自動車、スカイライン60周年記念の期間限定特別仕様車「60th Limited」を発売


併せてBOSEオプションを仕様向上するとともに、ボディカラーを追加

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は11月7日、「スカイライン」の誕生60周年を記念した特別仕様車「60th Limited」を発売、併せて一部仕様を向上し、同日より全国一斉に発売した。

nissan-motor-co-ltd-launched-the-60th-anniversary-limited-special-edition-models-of-the-skyline-60th-limited20161107-6

初代スカイラインは、1957年4月24日、国内に於けるグランドツーリングカーとしての立ち位置を同社が謳って誕生した。

以来、13代にわたる歴代のスカイラインによって同ブランドは受け継がれてきており、来春2017年4月に誕生60周年を迎える。

nissan-motor-co-ltd-launched-the-60th-anniversary-limited-special-edition-models-of-the-skyline-60th-limited20161107-2

13代目となった「スカイライン」は、「ダイレクトアダプティブステアリング」や「全方位運転支援システム」に代表される安全装備などを売りにリリースされており、初代に続く強いブランドイメージは持たないが、比較的安定したリリース実績を保っている。

今回発売する「60th Limited」は、「350GT HYBRID Type SP」、「350GT FOUR HYBRID Type SP」、「200GT-t Type SP」をベースとし、より上質な室内空間を実現するアイテムを標準装備した。

nissan-motor-co-ltd-launched-the-60th-anniversary-limited-special-edition-models-of-the-skyline-60th-limited20161107-5

具体的には、従来よりも柔らかな本革にセミアニリン加工を施した高級本革シートを全席に採用すると共に、前席についてはホールド性が高いスポーツシート形状を採用。

また、内装のトリムに木目の風合いをそのまま生かす塗装仕上げを用いたオープンポアウッドを採用し高級感を演出しているとしている。なお同モデルは、2017年9月末日受注分までの期間限定販売となる。

nissan-motor-co-ltd-launched-the-60th-anniversary-limited-special-edition-models-of-the-skyline-60th-limited20161107-4

加えて同車リリースに合わせて、車両ラインナップ全域で一部仕様向上を行い、国産車初となる「BOSE® Performance Seriesサウンドシステム」(オプション設定)を採用した。

これは、左右のリアドアに新規でツイーターを設定し16スピーカーとし、フロントドアのツイーターを刷新、フロントドアのスピーカーグリルをより薄く、かつ音響特性がよいメタル素材を採用し、上質で豊かな音響空間を実現していると同社では述べている。

nissan-motor-co-ltd-launched-the-60th-anniversary-limited-special-edition-models-of-the-skyline-60th-limited20161107-3

ボディカラーは、過去のスカイラインで採用したヘリテージカラーを受け継いだ「オーロラフレアブルーパール(2P)」を追加。合計9色のボディカラーを揃えた。

なお、11月8日より日産グローバル本社ギャラリーにてスカイライン特別仕様車「60th Limited」の特別展示を行うこの際、歴代スカイラインのパネル展示に加え、第一弾のヘリテージカーの展示として初代スカイラインが展示される予定だ。

全国希望小売価格(消費税込み) (単位:円)
製品情報  To-jump-to-external-page20150401