日産自動車、公式「インスタグラム」を開設


nissan-and-exhibited-at-the-welfare-2015-in-autech-japan-and-collaboration-system20150517-1-min

若者や女性ユーザー層向けコミュニケーションにSNSを活用

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は7月15日、画像投稿サイト「インスタグラム」の公式アカウントを開設したと発表した。

インスタグラム(Instagram)は写真や動画を共有するソーシャルメディア(SNS)のサービスで、ユーザー数は世界で5億人、日本で1200万人以上*と言われています。近年スマートフォンの普及により、画像の投稿だけでなく、短文メッセージのやり取りを通じたコミュニケーションツールとして幅広く活用されている。

日産は、2004年に国内自動車メーカーとして初めて公式ブログを立ち上げたほか、ツイッター(同社フォロワー数12万人)やフェイスブック(同80万人)**など、SNSを積極的に活用してお客さまとの直接コミュニケーションを推進してきた。

今回公式アカウントを開設したインスタグラムでは、写真や動画を駆使することで、特に若者や女性のステークスホルダーに「クルマやそれを取り巻くカーライフの楽しさ」を発信していく。

nissan-motor-co-ltd-opened-the-official-insta-gram20160715-1

公式アカウント開設時の主な活動は以下の通り。

Cube in Cube (キューブ イン キューブ)
インスタグラム公式アカウント開設の第1弾企画として、個性的なエクステリアで女性に人気の日産「キューブ」とインスタグラムを象徴する正方形のタイル状の一覧表示画面のレイアウトを活かした、カラフルでポップなアート写真を投稿する。

「キューブ」にちなんだ四角いお弁当、ルービックキューブのように積み上げられた四角いフルーツや立方体に入ったシャボン玉など、インスタグラムの世界観に沿ったデザイン性の高い写真で構成される。

さらに新設アカウントであるメリットを活かし、投稿順を一覧表示した際にパズルのように見える工夫を施すなどの仕掛けによって、若者や女性が親しみやすく、気軽に楽しめるアカウントを目指す。

今後は、著名デザイナーやカメラマンとのコラボレーション企画や、「車のある生活(=カーライフ)」をお洒落に提案する投稿を予定している。

【メイキング画像】

【日産公式インスタグラム概要】
■URL:
■開設日: 2016年7月15日
■公式アカウントハッシュタグ:#5523
■第1弾企画ハッシュタグ:#CubeInCube

*2016年7月13日現在Facebook日本法人(Instagram運営)による
**2016年7月13日現在
日産公式Facebook(日本語版)のファン数:813,880
日産公式ツイッター(日本語版)のフォロワー数:124,451