日産自動車、ドライバーの脳波測定による運転支援技術を開発。CESで成果公表へ


日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川廣人)は1月3日、ドライバーの脳波を測定して運転を支援すると云う研究成果を発表した。

この日産の脳波測定による運転支援技術(Brain-to-Vehicle、B2V)は、ドライバーの反応時間を早め、ドライビングをよりエキサイティングなものにし、ドライバーとクルマの関係を再定義するのだと云う。

この取り組みについて日産自動車副社長のダニエレ・スキラッチ氏は、「将来、自動運転社会になると、人間はクルマをコントロールすることはないと考える人が多いかもしれません。しかし、我々が研究している技術はその反対を行くものです。

むしろドライバーの脳波を活用して、ドライビングをさらにエキサイティングで楽しいものにしていきたいのです。

我々はニッサン インテリジェント モビリティによる取り組みの基、自動運転や電動化、コネクテッドカーの技術を通して、今よりも心躍る自動車社会を実現していきます」と述べている。

日産が語るこのドライビング環境上のブレークスルーは、脳波測定技術を適用する研究の成果であり、ドライバーが行う次の運転操作のタイミングや、ドライバーが持つ違和感を把握するためのものだとする。

この研究で日産は、ドライバーがステアリングを回す、アクセルペダルを踏むなどの操作をする直前に、脳の行動準備電位を検出し、ドライバーが操作を開始する前からシステムが操作を開始することで、ドライバーの反応の遅れをカバーし、ドライバーが思い通りの運転をできるようサポートしていく構えだ。

このB2V技術の研究をリードしている日産のシニア・イノベーション・リサーチャー(SIR)、ルチアン・ギョルゲ氏は、「自動運転時に、脳波からドライバーの違和感を検出し、ドライバーが違和感を持たない自然な制御の自動運転にカスタマイズすることを可能にします。

拡張現実(AR)を活用することでドライバーの視線の先にある車内環境を調整したり、よりリラックスできる環境をつくり出すことも可能になるかもしれません。

またこの技術の適用には、今後未来に向けて大きな可能性があります。この研究が触媒となり、将来、より多くのイノベーションが日産車にもたらされるでしょう」と語る。

より具体的にはB2V技術を通して日産は、世界で初めて、ステアリング操作などの運転操作に関連する行動準備電位のリアルタイム検出に成功。

また、ドライバーが思い描いた運転と、実際に行われている運転が違うと感じるときのエラー関連電位(Error Related Potential)も計測可能とした。

加えて同技術は、ドライバーがヘッドセットを着用することで計測された脳波をシステムが解析、判断し、自動運転時にも適用させる。

またマニュアル運転時には、脳波によってドライバーの意思を把握すると、ドライバーが操作を開始する0.2~0.5秒前にクルマが運転操作を開始する。

このことにより、ドライバーはシステムのサポートを意識することなく、スムーズに走行することができるようになるのだ。

なお日産は、これらの成果と技術を米国ラスベガスで開催されるCES 2018で公開し、ドライビング・シュミレーターを用いてB2V技術のデモンストレーションを行っていく構えだとしている。(日産ブース: 北ホール5431)

加えて同社は、最新のコンセプトカー「ニッサンIMx」、新型「日産リーフ」や2018年モデル「ローグ」も展示する。

CES 2018で、同社副社長のダニエレ・スキラッチ氏は、現地時間1月10日午前10時より開催されるパネルディスカッション“Self-Driving Cars: The Future of Personal Transportation”に登壇する予定だ。(Tech East, Las Vegas Convention Center, North Hall, N257)

また、専務のアルフォンソ・アルバイサ氏は、現地時間1月11日午前10時より開催されるパネルディスカッション“Design Thinking for Your Business”に登壇する。(Tech East, Las Vegas Convention Center, South Plaza, 62000)

さらにルノー・日産自動車・三菱自動車のアライアンスでモビリティ&コネクテッドサービスのダイレクターであるクリスチャン・ルデゥ氏は、1月10日の9時30分より開催される“Autonomous Vehicles in the Cities of Tomorrow”に登壇するとしている。(Tech East, Westgate, Level 1, Pavilion 9)

(*)2018年1月7日に内容を追加・更新した。


Узнайте про интересный веб портал с информацией про .