日産自動車、スカイライン生誕60周年記念で大相撲五月場所にスカイライン歴代モデル懸賞幕を掲出

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

「スカイライン」の歴代13モデル、「冨嶽三十六景」をモチーフとした浮世絵仕様で表現

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は5月9日、同社の「スカイライン」が先月24日に生誕60年を迎えたことを記念し、5月14日から始まる大相撲五月場所へ「スカイライン歴代モデル懸賞幕」を掲出すると発表した。大相撲への懸賞幕掲出は、日産として初の試みとなる。

写真左から「タイトル」、「初代 1957」、「13代目 2014」

懸賞幕は、両国国技館で開催される「大相撲五月場所」(5月14日〜5月28日)の期間中、先場所で劇的な逆転優勝を飾った横綱・稀勢の里関や、新入幕ながら先場所を見事勝ち越した宇良関の取組みなどで掲出される予定だ。

今回、「スカイライン 60周年」を記念し制作した懸賞幕は全14枚。このうち「スカイライン」のモデルが入った13枚は、日本を代表する浮世絵画家、葛飾北斎が描いた「冨嶽三十六景」をモチーフとした。

名画家、葛飾北斎が描いた日本の最高峰である「富士山」と、常に時代の先端を駆け抜けてきた「スカイライン」の60周年という歴史の節目を重ねあわせたこの懸賞幕は、「スカイライン」自体も浮世絵で描いており、その1枚1枚の歴代車それぞれが、日本を代表するモデルに相応しい存在感が表現されている。

「冨嶽三十六景」の13の背景と共演する歴代「スカイライン」13モデルの絵柄は、これまでに数々の作品を世に打ち出している 浮世絵イラストレーター大管雅晴氏により、丹精込めて制作された。

日産自動車では、「当社の歴史を語る上で欠かせない名車『スカイライン』の大相撲懸賞幕を、大相撲観戦を楽しまれる多くのお客さまにご覧頂きたいと考えています」と述べている。

【スカイライン 60周年 大相撲懸賞幕 掲出概要】
掲出期間:大相撲五月場所(5月14日~5月28日)、各日
掲出取組:各日の横綱・稀勢の里関、宇良関の取組みなど
掲出方法:大相撲懸賞幕として、所定の取組み前に土俵上にて掲出
掲出される懸賞幕 全14枚の絵柄は以下の通り。