日産自動車のEV・リーフ、英国連山の走破に挑戦

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)傘下の欧州日産は、英国のAUTOCAR社主催のEV走破企画で、人と電力の限界へ挑戦するべく新型「日産リーフ」を駆ってこれに挑んだ。

この企画は、スコットランド西部のベン・ネビス山(1,345メートル)、英国北西部のスカフェル・パイク山(978メートル)、ウェールズ北部のスノードン山(1,085メートル)の三座の登降と途中の移動を含め、この工程を24時間以内に完走するという山岳企画「ナショナル・スリー・ピークス・チャレンジ」である。

この山から山へと移動する走破の過程で、新型「日産リーフ」がチャレンジの相棒として選ばれた。イベントでは駆動用バッテリー容量が40kWhの新型「日産リーフ」(航続可能距離は欧州基準のWLTPモードで270キロ)で、急速充電インフラが整備された道路環境の中で敢行。

AUTOCAR社、チャージ・マスター社、Plug In Adventures社と日産の4社が参加し、各社のメンバーは2台の車両に分かれスタートを切った。

この挑戦には、登山家で欧州日産EVダイレクター、 ギャレス・ダンスモア氏が山岳登降を、Plug In Adventures社のダイレクター クリス・ラムジー氏が運転を担当。ダンスモア氏は37キロの起伏の多い山道のコースを制覇。ラムジー氏は計画的に充電ステーションで充電し744キロを走行した。

ダンスモア氏は走破を達成した後、「たった1日で3つの名峰を100%電気自動車だけで完走することは、心に残るイベントになりました。環境に配慮した新たなワクワクを体験できる意義深いものとなりました」と感慨深げに語ったと云う。