日信工業、オートリブ社と四輪車用ブレーキ事業の合弁会社設立

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日信工業株式会社(本社:長野県上田市、代表取締役社長:大河原栄次)は、同社の四輪車用のブレーキ・コントロール(メカトロ)及びブレーキ・アプライ(バネ上)システム並びにそれらに関する部品の開発、設計、製造及び販売に関する事業を、Autoliv Inc.及び Autoliv Inc.の子会社との間で合弁会社化した。

これは、日信工業が去る2015年9月9日付で発表した「会社分割、事業譲渡、株式譲渡等による当社の四輪車用ブレーキ・コントロール及びブレーキ・アプライ事業の合弁会社化に関する契約締結」に添って実施されたもの。

nissin-kogyo-autoliv-and-mechatronics-business-and-to-the-establishment-of-a-joint-venture-business-on-the-spring-for-four-wheel-vehicles20150912-1

なおオートリブ社(Autoliv Inc.)は、スウェーデンに本社を置く世界最大手の自動車安全システムサプライヤー。世界各国の主要自動車メーカー向けにエアバッグ・シートベルト・ステアリングホイールなどの開発・生産・販売を展開。28カ国に80の支社と合弁会社を保有している。

上記に関わる日・米・中・タイ合弁会社の概要は以下の通り

1. 日本における合弁会社の概要
(1)名称 オートリブ日信ブレーキシステムジャパン株式会社
(2)所在地 長野県上田市国分 840 番地
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役社長 John Jensen
(4)事業内容 四輪車用のブレーキ・コントロール(メカトロ)及びブレーキ・アプライ(バネ上)システム並びにそれらに関する部品の開発、設計、製造及び販売
(5)資本金3億50万円
(6)設立年月日2015年9月15日
(7)大株主及び持株比率
Autoliv Holding, Inc. 51%
日信工業株式会社 49%
(8)日信工業との関係
資本関係:発行済株式の 49%を保有。
人的関係:取締役2名が当同社役員を兼務。

2. 米国における合弁会社の概要
(1)名称 Autoliv Nissin Brake Systems America LLC
(2)所在地 米国 オハイオ州
(3)代表者の役職・氏名 代表取締役 Robert Bisciotti
(4)事業内容 自動車部品の開発・製造・販売
(5)資本金100米ドルに182億3200万円を加えた金額(資本金は米ドルに換算される。参考までに 112.68 円(3 月 31 日の為替レート)で換算すると約 161,803 千米ドルとなる。
(6)設立年月日 2015 年 9 月 11 日
(7)大株主及び持株比率
Autoliv ASP, Inc. 51%
Nissin Kogyo Holdings USA, Inc. 49%
(8)日信工業との関係
資本関係:
日信工業完全子会社が発行済株式の49%保有。
人的関係:
取締役 2 名は当社役員が兼務。

3. 中国における合弁会社の概要
(1)名称 Autoliv Nissin Brake Systems (Zhongshan) Co., Ltd.
(2)所在地 中国 広東省
(3)代表者の役職・氏名 董事長 Frank Melzer
(4)事業内容 自動車部品の開発・製造・販売
(5)資本金 45,000,000 元
(6)設立年月日 2015 年 12 月 3 日
(7)大株主及び持株比率
Autoliv AB 51%
中山日信工業有限公司 49%
(8)日信工業との関係
資本関係
完全子会社が発行済株式の 49%を保有。
人的関係
董事 2 名は同社役員が兼務。

4. タイにおける合弁会社の概要
(1)名称 Autoliv Nissin Brake Research Asia Co., Ltd.
(2)所在地 タイ バンコク都
(3)代表者の役職・氏名 取締役 Frank Melzer
(4)事業内容 自動車部品の開発
(5)資本金 12,600,000 バーツ
(6)設立年月日 2015 年 11 月 5 日
(7)大株主及び持株比率
Autoliv AB 50.98%
Autoliv Eastern Europe 0.02%
日信工業株式会社 49%
(8)日信工業との関係
資本関係
日信工業が発行済株式の49%を保有。
人的関係
取締役2名は日信工業役員が兼務。

5. 同取引における譲渡価額
Autolivとの間で締結した株式譲渡契約に基づき、基準時点(前年決算時、本事業の事業価値総額 650 億円)と、取引実行時に予想される承継資産・負債の額の差額に基づく本取引前価格調整により、同事業の事業価値は総額約 582 億円。同取引における譲渡価値の総額は、その 51%(約 297 億円)となった。

該当事業価値については、取引実行時の承継資産・負債の額の確定後、再度価格調整を行う予定。また、各国(日本、ドイツ、米国、中国及びタイ)における本事業の事業価値への配分は以下の通り。
日本 約 299 億円(※)
米国 約 182 億円
中国 約 100 億円
タイ 約 0.4 億円
※日本の事業価値は、新会社のドイツ支店の価値を含む。

6. 今後の見通し
該当取引に伴い、約 400 億円の譲渡利益(事業価値から譲渡資産ならびに負債を差し引いた金額。その内 51%はAutolivへの譲渡による利益、49%は同社が合弁会社へ譲渡した資産及び負債の公正価値評価による利益を見込んでいる。

また、これらの合弁会社は同社グループの持分法適用会社となることから、損益及び配当金のうち当社グループ持分である 49%が今後の当社連結決算へ反映される。

同取引によって得られる資金は、インド・Next 市場向けビジネスの拡大やMoto GPなどレース活動を通したブランド力の向上、新素材・二輪先進ブレーキ・軽量/強度アルミ技術など高付加価値商品の開発・拡販等、主に二輪事業の成長及び体質改善戦略に投入し、次の成長に向けた原資として活用する予定。

日信工業では、「これらの成長戦略により、NISSINブランドに一層磨きを掛け磐石な地位を確保していくと共に、更なる業容拡大と安定的収益体質の確立を目指してまいります」と結んでいる。

日信工業株式会社:http://www.nissinkogyo.co.jp/

オートリブ株式会社(日本語):http://www.autoliv.jp/

Weightymattersの関連記事(2015年9月12日掲載)
日信工業、AUTOLIVと四輪車用メカトロ事業及びバネ上事業の合弁会社設立へ