オリックス自動車、ホンダ新型NSXのレンタルを開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

納車まで1年待ちの希少車種を大手レンタカー業界で初導入

オリックス自動車株式会社(本社:東京都港区、社長:亀井 克信)とオリックスレンタカーFCで輸入車や高級車を中心に取り扱い、福岡県内を中心に業務展開を行っているタステック・レンタリース株式会社(本社:福岡県北九州市、社長:本田 一也)は、2017年9月1日より、ホンダ 新型「NSX」のレンタルを開始する(受付開始:8月17日~)。

ちなみにタステック・レンタリースは、1997年4月より「オリックスレンタカー」ブランドでのレンタカー事業を展開。

福岡県内および山口県下関の17拠点では、輸入車や高級車をはじめとする160種以上の多種多様な車両を取り揃えてきた。

そうしたなかホンダの新型「NSX」は、国内大手レンタカーでは初導入となる。ちなみに同車は、ホンダの新しいスポーツカーとして「New Sports Car」と未知数を表す「X」を合成させて名付けられたもの。

車両は1990年から2005年までは国内で製造・販売されていたが、新型「NSX」は、米国のホンダオブアメリカマニュファクチュアリング・インコーポレーテッドにて生産され、2016年8月より受注が開始された。

日本では2017年2月27日より発売されており、日本での年間販売台数は100 台限定。従って納車まで発注後約1年が掛かる。

今回、同社ではこの人気車を、運転免許歴20年以上など一定の条件を満たした顧客を対象にレンタルを開始する。

レンタル価格は、車両本体価格2,370万円の高級車を70,200円(6時間/税込)から提供していく。

オリックス自動車は、各自動車メーカーとのタイアップなどにより、首都圏エリア以外でも国内外のさまざまなメーカー・車種のレンタカー車両を導入し、クルマに乗る楽しさと気軽に乗る機会を創出していくと述べており、 タステック・レンタリースと共に、今後も「車に乗る楽しさ」を体感できる独自企画を展開していくと結んでいる。

ホンダ 「新型 NSX」レンタル詳細情報
レンタル開始:2017年9月1日(金)
事前予約開始:2017年8月17日(木)
利用条件:
※下記の全条件の適合者が対象。
(1)国内在住で日本国籍
(2)運転免許歴20年以上
(3)ゴールド免許(レンタカー貸渡時点)
(4)アンケートに回答者
(5)オリックスレンタカープライムメンバーズクラブ会員(利用時入会可能)
実施拠点:
オリックスレンタカー八幡インター店(住所:福岡県 北九州市八幡西区楠橋南3丁目1-24)
予約方法:
オリックスレンタカー八幡インター店へ直接電話予約する。
電話: 093 – 619 – 3900
ホンダ「新型 NSX」※車両スペック:
水冷V6エンジン、3.5Lツインターボ+モーターx3
最高出力581PS、最大トルク65.9kgm ハイブリッドスポーツカー