パナソニック、タイ・アユタヤで車載部品用耐熱フェノール樹脂成形材料の生産開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニック株式会社、オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、パナソニック マニュファクチャリング アユタヤ株式会社(以下PMFAT)で車載部品用 耐熱フェノール樹脂成形材料(※1)の生産ラインを新たに設置、2016年2月より本格稼動させる。タイにおける同材料の生産は業界でも初めて(※2)の事となる。

panasonic-iniciar-la-produccion-de-piezas-de-automoviles-para-la-resina-fenolica-material-de-moldeo-resistente-al-calor-en-ayutthaya-tailandia20151224-2
耐熱フェノール樹脂成形材料
panasonic-iniciar-la-produccion-de-piezas-de-automoviles-para-la-resina-fenolica-material-de-moldeo-resistente-al-calor-en-ayutthaya-tailandia20151224-1
パナソニック マニュファクチャリング アユタヤ株式会社

(※1) 耐熱フェノール樹脂成形材料
フェノールとホルムアルデヒドを主原料とした熱硬化性フェノール樹脂をベースに、ガラス繊維や無機フィラーなどで強化したエンジニアリングプラスチック。特に耐熱性、寸法安定性、電気絶縁性、機械的強度に優れるのが特徴。

(※2)耐熱フェノール樹脂成形材料として(当社調べ)

東南アジアでの需要の伸長が見込まれる自動車分野では、多くの車載部品メーカー、成形部品メーカーが東南アジアエリアで生産を拡大している。

その中で、タイの主要拠点に購買、R&D、生産などの重要機能を設置する企業が増えており、同社では、より顧客に近い生産拠点から効率よいサービスを提供するため、PMFATで新たに耐熱フェノール樹脂成形材料の生産を開始し、東南アジアを拠点とする自動車分野の開発をサポートしていく。また、グローバルでの耐熱フェノール樹脂成形材料の新規需要の喚起、取り込みも図っていく構えという。

【同社の耐熱フェノール樹脂成形材料】
・耐熱フェノール成形樹脂材料は、車載電装部品や構造部材などの絶縁材料として使用される。

・同社の材料は次の特長を有している。
1. 高い耐熱性と強度を両立し、モータ、自動車部品用途に対応
2. 高温環境下での寸法安定性に優れ、各種モータ整流子(※3)の高信頼性に貢献。
3. 金属部品の代替、部品複合化によりモータカバー部品などの軽量化を実現。
・今回のタイでの生産開始に伴い、耐熱フェノール樹脂成形材料の生産体制は、国内(三重県四日市)、中国(上海市)と合わせ3拠点になる。

(※3)モータ整流子とは、界磁石の間を回転するコイルに流れる直流電流の方向を切替え、一定回転方向のトルクを発生させるためのモータの部品装置。多くの車載用モータの整流子では、金属シャフトおよび金属セグメント(接点)間の電気絶縁性と、機械的強度・寸法安定性に優れた耐熱フェノール樹脂成形材料が用いられる。

【会社概要】
社名 パナソニック マニュファクチャリング アユタヤ株式会社
Panasonic Manufacturing Ayuthaya.,Co,Ltd.
所在地:Rojana Industrial Park, 1/69 Moo 5 Rojana Road. Tambol Kanham Amphur Uthai, Ayuthaya, Tailand, 13210
設立:1994年9月
資本金:2,406百万タイバーツ
代表者:岡部 秀樹(Managing Director)
主な生産品目:半導体封止材・熱硬化性樹脂成形材料・エンジニアリングプラスチック・紙フェノール基板材料・配線器具、車載電装部品用 耐熱フェノール樹脂成形材料(2016年2月から生産開始)